コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    こちらのコンテンツは選択した言語では閲覧できません。現在提供されている言語の中から、最も近い言語で表示しています。

    家族連れにやさしいリスティングにする

    細やかな心づかいで、家族連れも快適に過ごせるお部屋になります。
    投稿:Airbnb2020年3月5日
    4分で読めます
    更新日:2020年3月5日

    注目ポイント

    • ファミリー向けの設備を用意し、ターゲットの幅を広げて予約数を増やしましょう

      • おもちゃや折りたたみベビーベッドなど、赤ちゃんや子どものための備品を用意しましょう

        • ガイドブックに子ども向けの情報を追加

        • リスティングページにはファミリー向けの設備があることを記載し、写真も載せましょう

        子連れでの旅行は、多くのパパやママにとって今までの身軽な旅行とは大きく異なります。 実際に連れていくまで、いつもと違う環境にどう反応するかも未知数で、知らない領域に子どもの手を引いて踏み込むのは不安なものです。 だからこそお部屋やプライバシー、安全、遊び道具について抱える不安を和らげてくれるファミリー向けの宿泊施設は貴重な存在なのです。

        Elsieさんはママであり、お家でできる手しごとを広めるライフスタイル提案カンパニー「 A Beautiful Mess」の創業者です。家族に喜ばれる部屋づくりで対象を拡大し、予約を増やす方法を紹介します。 Elsieさんはナッシュビルを拠点にクリエイティブに生きたいパパやママを応援するビジネスを展開中です。 ここではプロの立場から、宿泊検索中のパパ・ママの目を引くお部屋づくりと、子ども連れの旅を楽しくするアドバイスを披露します。

        ホストのElsieさんがファミリー向けのお部屋づくりのヒントを紹介します。

        「Emmaと姉妹そろって家で過ごすことが大好きで、ちいさな頃から家で一緒にクラフトの手しごとばかりして育ちました。 今もそれはあまり変わっていません。 その情熱のすべてをかたちにしたのが、世界中の何千人もの方々に幸せを感じる家づくりを提案するライフスタイルカンパニー『A Beautiful Mess』です。 社名は、自分の手を動かして、学び、大きな夢を持って、不完全なものでもよしとする生き方を示しています。 母親、ホスト、メイカーの一人三役で何百件ものファミリーホームの案件を長年手掛けて実感したのは、子どもとあらゆる世代の家族が安らげる空間づくりの重要性です。これは幸福感を高めるだけでなく予約の増加にもつながります。 『お家にいながらモノづくり』が私のモットーです。 みなさんも試してみませんか?」

        1. 子ども連れのゲストが喜ぶお部屋づくり

        「これは本当に些細なことですが、ちいさなお子様連れで旅するファミリーにはとても喜ばれます。 せっかくファミリー向けの設備がそろっていても、お子様が笑顔になる遊びのないお部屋もありますからね。

        子供用に準備したいのは次のようなものです。

        • 備品:折り畳み式ベビーベッド、ベビーチェア、絵本やおもちゃを用意しましょう。 うちは専用のクローゼットをひとつ用意して、そこにすべて保管しています。
        • 快適さ: 毛布と枕は余分に常備すると必ず喜ばれます。 誰もが快適になれる暖かさをプラスしましょう。
        • ふわふわしたもの:うちには子どもに大人気の動物のぬいぐるみがあるんです。 写真でもPRして、パパやママがひと目でわかるようにしています。
        • おやつ:子どもが喜ぶチョコやヘルシーなおやつもよくお出ししています。 これは大人も喜んでくれます」

        2. 子どもの事故防止を万全に

        「家具選びでは、『壊れにくいかどうか』という点と、 『安全かどうか』をよく考えることが重要です。 ガラスを多用したものは避けます。個人的にガラスのコーヒーテーブルは、子どものそばにあると一番落ち着かない家具です。 一度、娘がホテルのテーブルの尖がった角に頭をぶつけたことがあるんです。 あのときは焦りましたね。

        一番避けたいものを以下に挙げます。

        • ガラス:お部屋にガラス製のものは極力置かないようにします。特に低い位置は要注意。 ガラスのコーヒーテーブル、大きな花瓶を床に置くのはやめ、 ガラス製の小物も避けましょう。
        • 物がありすぎる部屋:ごちゃごちゃと物が多いお部屋は、それだけで危険なこともあります。 不要なものはすっきり片付けたほうが安全です。 つまずいたり、ぶつかったり、壊したりする心配も少なくなります。
        • 割れもの:高価すぎるものや替えが利かないものをお部屋に飾るのはやめましょう。 万一のことは起こるもの。被害を最小限に抑える対策を」

        3. コーヒーや専用器具をアップグレード

        「Airbnbの滞在ではいつも、ちょっと贅沢なコーヒーがあるととてもうれしくなります。 子育中の親は疲れ切っていることもあるので、 お部屋に到着して必要なものや好きなものがそろっていると、素敵な滞在がはじまる予感に満たされます。

        「夫婦そろって大のコーヒー好きなので、全自動のコーヒーメーカーやハンドドリップ式など、複数の淹れ方が楽しめる設備があればとそれだけで本当に得した気分になります! お茶党やコーヒーを飲まない人のためのオプションを用意するのもおすすめです。 ココアも確実に喜ばれます」

        4. ファミリー向けガイドブックを作成

        「優秀なガイドブックひとつで滞在は劇的に変わります。 うちも連絡先やWi-Fiパスワード、おすすめの場所のリストなど、大事な情報はそこにまとめて、お部屋にも1部置いています。 子どもと一緒のお出かけプランのコーナーをガイドブックに用意すると、満足度はさらにアップします。

        「手作りのナッシュビルお出かけマップも用意しておきます。 ちょっとしたアートプリントでお土産にもなり、子ども連れにおすすめな街の楽しみ方や、ファミリー向けにぴったりのレストランもこれでわかります」

        5. リスティングでしっかりアピール

        「設備を充実させたら、すべて忘れずにリスティングページに直接記載するようにしましょう。 繰り返しになりますが、Airbnbの検索ではファミリーが最大級のシェアを占め、ファミリー向けと明記することでかなりの予約促進効果が見込めます。 お部屋に設備を加える場合は、その都度リスティングページも忘れずに更新しましょう。 ファミリー向けのリスティングと明記して予約率アップを図りましょう。

        「子どもを寝かしつけてからくつろげる空間があることが、ホテルの代わりにお家を選ぶ主な理由の1つであることを覚えておきましょう。 お家の共用エリアの魅力をたっぷり紹介し、ゲストの心をしっかりつかみましょう。 うちはリスティング専用のハッシュタグを用意。使ってくれる方が少しずつ増えてきました。 泊まってくれた方々の写真や、楽しんでくれている様子が見れるのはとてもうれしいものです。 感謝の言葉や贈り物までいただくこともあって、少しでも旅の力になれたかと思うといつも胸がいっぱいになりますね。 本当に好きなことを見つけて打ち込んでいけば、周りもきっと好きになってくれると強く信じています。

        「以上のヒントでみなさまのもとにさらに多くの予約が集まることを願っています」

        Elsieさん

        注目ポイント

        • ファミリー向けの設備を用意し、ターゲットの幅を広げて予約数を増やしましょう

          • おもちゃや折りたたみベビーベッドなど、赤ちゃんや子どものための備品を用意しましょう

            • ガイドブックに子ども向けの情報を追加

            • リスティングページにはファミリー向けの設備があることを記載し、写真も載せましょう

            Airbnb
            2020年3月5日
            役に立ちましたか?

            ほかのトピックを見る