コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    持続可能な観光を支えるためのホスト向けガイド

    より環境にやさしい旅行ができるようゲストを手助けするヒントをご紹介します。
    投稿:Airbnb2021年4月21日
    1分で読めます
    更新日:2021年4月21日

    注目ポイント

    • ゲストが公共交通機関をより気軽に利用できるよう、ガイドブックに人気のルートと料金情報を記載する

    • 山火事や洪水など、ゲストの滞在に影響する可能性がある地域の環境問題を紹介する

    • リスティング掲載地域で人気のお店やファーマーズマーケットをおすすめする

    環境に配慮したホスティングの実現には、ゲストの参加を促すことも必要です。ゲストにとって、持続可能性という考え方は新しいものかもしれません。そのため、環境に配慮することでどのような効果がもたらされるかを丁寧に説明することも大切です。

    環境に配慮した持続可能な旅行の仕方について、ゲストの学びを支援するべく、Airbnbは世界各地のホストコミュニティからヒントを集め、世界規模で環境保護を推進する権威である国連環境計画(UNEP)、および世界有数の環境保護団体である世界自然保護基金(WWF)と連携しました。

    環境に配慮した旅行のあり方を促進する方法については、続きをお読みください。

    ゲストの公共交通機関の利用を手助けする

    排気ガスの総排出量の4分の3*は、短距離の自動車の利用によるものだと言われています。そのため、ゲストに公共交通機関の利用を促すことは環境にとってとても有意義なことです。

    ただ、初めての場所を探索することは旅行者にとって簡単なことではありません。ガイドブックにバスや地下鉄、電車などの情報(周辺の見所スポットや空港までの交通費やおすすめルートなど)を追加してゲストをサポートしましょう。また、ゲスト用の自転車を用意するか、レンタルできるお店をおすすめするのもよいでしょう。

    再利用可能な容器を提供する

    プラスチック素材は多くの場合、リサイクルされないまま捨てられ、大量のごみとなります。プラスチック製品は環境に有害であるため、可能な限り購入を控えることが望まれます。

    ゲストが滞在中にプラスチック製品を購入しなくても済むよう、米カリフォルニア州ハリウッドビーチのスーパーホストTiffanyさんは、再利用可能なコップや水筒などをゲストに提供しています。タイ、チェンマイのスーパーホストNutthさんは、街中で水筒を補充できる場所をゲストに教えています。

    また、再利用可能なお皿や食器、食品用の容器などを提供すれば、ゲストが屋外で食事を楽しみながら、ごみを最小限に減らすことができます。

    環境にやさしい取り組みを行うリスティング周辺のお店を応援する

    ハウスマニュアルガイドブックを使って、環境に配慮した取り組みを行うおすすめのレストランやファーマーズマーケット、地域原産の商品を取り扱うお店をゲストに紹介しましょう。地域特産の旬の食材がある場合は、それもおすすめするとよいでしょう。「ガイドブックには、持続可能な社会の実現に貢献している、おすすめのレストランをたくさん載せています」と語るのは、ウェールズ、ペンブロークシャーのスーパーホストAnnaさん

    お土産として持ち帰りたくなるような地域の特産品を紹介するのもひとつです。オーストラリア、タスマニアのスーパーホストMerrydithさんは、はちみつとラベンダー入りの手作り石けんを、滞在中使うか持ち帰ってもらうため、ゲストに提供しています。

    責任を持って旅行する方法をゲストに伝授する

    ハウスルールやハウスマニュアルでは、ごみをなるべく出さないようにすることや、シャワーの時間を短くしたり、ろ過されている水道水を飲んだり、部屋の温度を元々の設定から変えないようお願いするとよいです。また、リスティング内にメモを貼り、お出かけの際に電気を消すことや、歯磨き中は水を止めることなどをお願いすることもできます。

    メキシコシティのスーパーホストOmarさんは、ゲストがQRコードを使ってアクセスできる、リサイクルごみの出し方や、使い捨てプラスチックの有害性を説明する動画を提供しています。

    このような取り組みは、ホストにとって金銭的な節約につながるだけでなく、環境に配慮した旅行をしようとするゲストを惹きつけるきっかけにもなります

    ゲストに地域の環境問題について知ってもらう

    山火事や洪水など、異常気象による環境問題は世界中で見られます。空気汚染や干ばつなど、地域の環境問題をハウスマニュアルに明記し、ゲストが住む地域では遭遇しないような危険性があることを知らせることで、環境に配慮した旅行者になれるように導くことも大切です。

    たとえば、空気の質が悪い地域では、大気汚染濃度が高い日の屋外活動を避け、ドライブやバーベキュー、花火など、大気汚染を進行させるような活動は極力行わないことが推奨されます。

    環境に配慮したリスティングであることを強調する

    どのような取り組みを行っているか、リスティングの説明文とハウスマニュアルで強調することで、環境に配慮していることをゲストに伝えることができます。

    生分解性ハンドソープや再利用可能な水筒などをゲストに提供する場合は、リスティングページにもそのことを必ず記載しましょう。

    これらのアイディアを日々のホスティングで実践することで、環境によい影響を与え、ゲストに地元民の生活を味わってもらうことができます。環境に配慮した取り組みをホスティングに取り入れるのには時間がかかります。今後も役に立つリソースや情報を集め、ホストのみなさまを支援してまいります。

    次の記事:あるスーパーホストが実践する、より環境に配慮したホスティング方法

    *世界自然保護基金(WWF)著、
    『60 Actions for the Planet』(2021年3月5日発行)から引用

    本記事の掲載情報は、公開後に変更されている可能性があります。

    注目ポイント

    • ゲストが公共交通機関をより気軽に利用できるよう、ガイドブックに人気のルートと料金情報を記載する

    • 山火事や洪水など、ゲストの滞在に影響する可能性がある地域の環境問題を紹介する

    • リスティング掲載地域で人気のお店やファーマーズマーケットをおすすめする

    Airbnb
    2021年4月21日
    役に立ちましたか?

    ほかのトピックを見る