おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    偏見をなくし、ゲストを温かく迎え入れる

    差別について理解を深め、無意識の偏見に対処するための戦略を学びます。
    投稿:Airbnb2019年12月26日
    9分で読めます
    更新日:2021年5月13日

    注目ポイント

    • 偏見は潜在意識のレベルで主に存在する

    • 宿泊希望のゲストは、プロフィールのレビュー数などの客観的基準で評価する

    • ゲストを断る理由を胸に手を当ててよく考え、本人に面と向かって言えるか自問する

    • あらゆるゲストを迎え、プロフィールで歓迎宣言を

    • ホスティングのレベルアップに役立つ完全ガイドで詳細をチェックしましょう

    Airbnbは、旅が人と人をつなぎ、もっとオープンでインクルーシブな世界を育むものと考えます。 差別はつながりを阻む大きな壁ですので、きちんと対処し、つながる世界の実現に向かって努力することがとても重要です。

    Airbnbは社会心理学研究の第一人者であるハーバード大学Robert W. Livingston博士とローレンス大学Peter Glick博士の協力を得ながら、差別とそれを生む偏見のメカニズムをホストとゲストに広める取り組みを進めています。 本稿のガイドラインと対処は、両博士の調査研究をもとにまとめました。

    偏見と差別の違いとは?

    「偏見」とは、民族、性的指向、身体的特徴、社会的集団などの属性をもとに、個人に対して抱く感情や思い込みを指します。 「差別」とは、所属する集団をもとに個人に対して異なる扱いをする行為を指します。 偏見がすべて差別につながるわけではありませんが、通常は差別を生む出発点となります。

    無意識の偏見とは?

    偏見は潜在意識(無意識)のレベルで主に存在し、「潜在的偏見」と呼ばれることもあります。 潜在的偏見は、人の扱いに影響を与えることがあり、本人も無意識のうちに差別してしまうことさえあります。

    ジェンダーバイアスとLGBTQへの偏見

    ジェンダー(性別)による役割分担は、社会に根深く根付いており、ほとんどの人は意識的かどうかに関わらず、それを前提として人のあるべき行動を判断しています。 ジェンダーの固定観念は、自らのアイデンティティが社会通念と異なるLGBTQ(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、クエスチョニング、クィア)の方々に大きな影響を与えます。

    LGBTQの方々におもてなしを提供することは、その意見やライフスタイルに同調していなくても可能ですし、これは性とLGBTQの問題に対する個人的な立ち位置がどうであれ、忘れてはならない大事な点です。

    ステレオタイプの影響

    偏見が露わになるのは、ステレオタイプで決めつけるときです。 ステレオタイプとは、特定タイプの人について、一般に広く信じられているものの、一面的過ぎたり誇張が激しいイメージや観念を指します。 自ら意識している場合、していない場合を含めて、ステレオタイプな考え方はある程度、誰にでもあります。 ある集団をステレオタイプで一括りに語る行為は、往々にして差別を生みます。これには無意識の侮辱から不当な処遇に該当する深刻なケースまであります。

    実践できる予防対策

    差別はAirbnbのコアバリューとは相容れないものであり、そのプラットフォーム上では一切禁止されています。 幸い、差別は無意識の偏見による差別も含めて、抑制・回避が可能です。 もっとインクルーシブなコミュニティを目指し、各ホストが実践できる対処を見てみましょう。

        • 宣言する。どんな人生を歩んできたゲストも大歓迎と、プロフィールにひとこと加筆しましょう。 歓迎の思いをゲストに発信できるだけでなく、ほかのホストにもダイバーシティとインクルージョン(多様性の受容と活用)を大切にする輪が広まります。
        • すべての人を同じ基準で判断。宿泊希望のゲストを評価する客観的な基準をセットで用意し、毎回この一覧に照らして判断します。 レビュー獲得件数、同伴者を含めた予約人数などで大丈夫です。 ケース・バイ・ケースで基準がぶれるなら、それは偏見が判断を曇らせている赤信号です。
        • 判断は意識的に行う。ゲストを承認または却下する前にその理由をよく考え、説明に落ち度がないことをシビアに自問自答します。 却下理由を本人に面と向かって言えるかどうか、自分の胸に手を当ててよく考えてみましょう。
        • 相手の身になって考える。釈迦に説法ですが、共感力は本当に大切です。 相手の身になって心の動きを想像し、気持ちに寄り添う努力をしましょう。 属性が異なるだけで、宿泊予約を拒否される側のショック、迷惑、屈辱感をよく考えてみます。
        • ステレオタイプの逆の証拠を考える。こちらは無意識の偏見を解消する効果が実証された数少ない対策のひとつ。ステレオタイプに反する実体験と情報を意識的に探してみるとその抑制に役立ちます。 コンフォートゾーンを抜け出して、いろんな人に出会ってみませんか。 あらゆるAirbnbゲストを受け容れましょう。 素敵なふれあいと交流で、偏見とさようなら。

        あらゆるゲストに歓迎の思いを伝えよう

        どんなゲストも大歓迎とプロフィールに明記するのも一案です。
        プロフィールを更新

        注目ポイント

        • 偏見は潜在意識のレベルで主に存在する

        • 宿泊希望のゲストは、プロフィールのレビュー数などの客観的基準で評価する

        • ゲストを断る理由を胸に手を当ててよく考え、本人に面と向かって言えるか自問する

        • あらゆるゲストを迎え、プロフィールで歓迎宣言を

        • ホスティングのレベルアップに役立つ完全ガイドで詳細をチェックしましょう
        Airbnb
        2019年12月26日
        役に立ちましたか?

        ほかのトピックを見る