コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    オンライン体験に特別な要件はありますか?

    直接対面型の体験同様、オンライン体験も掲載にあたってAirbnb体験のクオリティ基準および要件を満たす必要があります。さらに、Airbnbで公開し、掲載を継続するにあたって、すべてのオンライン体験は以下の要件を満たす必要があります。

    ヒント:Airbnbでは通常、既存のAirbnb体験とは異なる、高度に差別化された体験を選出し、公開しています。

    掲載要件

    オンライン体験は事前の録画ではなく、ゲストのためにライブ配信で実施しなければなりません。

    オンライン体験は単なる「視聴型」ではなく、「参加型」でなくてはいけません。「体験できること」セクションに、ゲストがどのようにホストと交流できるのかを記載してください。

    ゲストは自宅から体験に参加できなくてはいけません。体験中はゲストが自宅を離れる必要が無いようにしてください。

    必要なものはすべて予約前にゲストに開示してください。体験に必要なものがあれば、ゲストが準備できるように体験ページに明確かつ具体的に記載してください。

    オンライン体験として写真撮影、イベント企画、医療相談など、特定のサービスは許可されていません。

    特定の専門的なアクティビティはオンライン体験として許可されていません。これには、運転、ボート、飛行、スキューバダイビング、パラグライディング、ロッククライミング、オフロード、または発射体を伴う武器の使用が含まれますが、これらに限定されません。

    以前公開されたAirbnb体験をオンライン体験に変更することはできません。直接対面型の体験に調整を加えてオンライン上で提供することをご希望の場合は、Airbnbが確認できるように新しい体験の企画を提出していただく必要があります。提出の際は必ず体験タイプ:オンライン体験を選択してください。

    オンライン体験を申請する際は、体験の主要なポイントを確認できる動画を提出していただく必要があります。 オンライン体験の各動画は次の点についてクオリティチェックを受けます。

    • 質の高い音声と映像
    • 明確な枠組みと構造
    • ホストの専門知識、情熱、目標をまとめた説得力のある体験の紹介
    • ゲストの参加と交流を促し、興味をひく高いクオリティと深い内容
    • 得られる知識、ハイライト、まとめといった主要ポイントの実演

    ホスティングの要件

    Zoomを適切に使用すること。Zoomを利用するにあたり、ホストは次の行為を行うことはできません。(1) Airbnbが提供するZoomアカウントを体験実施以外の目的で使用すること、(2) ライブ配信体験の録音・録画(音声または動画を含む)、(3) 参加者の許可なく写真やスクリーンショットを撮影または共有すること。参加者からの許可の有無に関係なく、子どもが参加している体験の写真やスクリーンショットを撮影または共有することはできません。例外は認められません。オンライン体験の ホスティングについて詳しく読む。

    ゲストの遅刻に備えるゲストが遅刻して参加しようとした場合、ホストはZoomミーティングへの参加を拒否するか、体験がすでに開始している場合でも参加を許可するかを選択することができます。この場合、ゲストはAirbnbの体験ゲスト返金ポリシーによる返金を受けることはできませんが、レビューを投稿することは可能です。ホストも、ゲストからのレビューに対して公開返信を投稿することができます。

    オンライン体験のホスティング

    オンライン体験をホスティングする際、ホストは次のことを行うことはできません。

    • 個人を特定できる情報や連絡先情報(例:メールアドレス、電話番号、住所、所在地など)の収集や、ゲストにそのような情報を開示するように促す行為
    • 他者と健康情報(例:新型コロナウイルスの検査を受けたかどうか、家族に病気の人がいるかどうかなど)について話し合ったり、尋ねたり、話すよう促したりする行為
    • 子どもを対象とした体験の実施や、子どもに体験ホストや補助ホストを務めさせること
    • 親または保護者の同伴なく未成年者(18歳未満)を体験に参加させること

    以上の要件を満たしていないオンライン体験は、Airbnbから削除される場合があります。

    各地域の状況に合わせ、本要件は随時更新される場合があります。

    必要なサポートは受けられましたか?