おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    滞在期間中のキャンセル

    滞在中に不測の事態が発生した場合は、通常ホストに相談することをおすすめします。ほとんどのホストは、問題の解決または料金の一部返金(もしくはその両方)を行うことで迅速に解決することを希望しています。受信トレイからホストにメッセージを送信してみましょう。

    返金について双方が合意に達した場合は、ホストに返金リクエストを送信することができます。滞在を続ける場合は一部返金を、予約のキャンセルをご希望の場合は全額返金をリクエストできます。

    ゲスト返金ポリシーによる返金対象となる旅行上のトラブル

    詳しくはゲスト返金ポリシーでご確認いただけますが、適用範囲の概要は次のとおりです。

    • 宿泊施設に入れない場合。ホストが提供したキーボックスの暗証コードが間違っているがホストに連絡がつかない、ホストがゲストの同意なしに予約を別のリスティングに変更したなど
    • 到着時に宿泊施設が危険または不潔である場合。汚れたシーツ類、危険な害虫・害獣、安全上・健康上の危険が含まれます
    • 重要なアメニティ・設備が欠落しているか作動しない場合。キッチンが工事中である、夏季にプールが荒れ果てている、冬季に暖房設備が故障しているなど
    • リスティングの説明が不正確である場合。部屋数やベッド数が違う、リスティングに記載のあったアクセシビリティ機能・設備がないなど。

    リクエストは24時間以内に送りましょう

    1. 証拠を収集する:可能であれば、汚れたシーツ類や不正確なアクセスコードなどの問題内容を写真または動画で記録します。
    2. ホストにリクエストを送信する:ホストに問題解決を依頼するか、返金をリクエストするかを選べます。問題が発覚してから24時間以内にサポートを求めることが重要です。上記の期限を過ぎると、返金額に影響が及ぶ可能性があります。
    3. 返答を待つ:Airbnbがホストからの回答を逐次ご報告いたします。ホストは1時間以内に返答する必要があります。返答がない場合は、Airbnbがお手伝いいたします。
    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事