コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnbのリスティング用「ゲスト返金ポリシー」とは?

    滞在中にトラブルが発生した場合でも残りのご旅行がスムーズにいくよう、ゲスト返金ポリシーをご用意しています。

    ホストによる直前キャンセルや部屋数の誤表記など、ゲストの滞在中に発生しうるトラブルは多種多様です。 適用対象のトラブルのうち、滞在に深刻な影響を与えたり、宿泊完了を妨げたりするものについては、Airbnbが旅行の続行をサポートいたします。

    ゲスト返金ポリシーで返金が適用されるトラブルは通常、次の2つのカテゴリのいずれかに該当します。

    • チェックイン後24時間以内
      チェックイン時点で対象となるトラブルにお気づきの場合は、Airbnbにご連絡ください。予約していた宿泊施設と同程度またはそれ以上の代わりの宿泊施設を再予約するか、お支払額の全額返金を行います。
    • 滞在中
      チェックインから24時間以上経って対象となるトラブルに見舞われた場合は、Airbnbにご連絡ください。トラブルの性質に応じ、一部返金または代わりの宿泊先の再予約を行います。

    対象となる旅行上のトラブル

    返金対象となる旅行上のトラブル、宿泊施設に求められる最低クオリティ基準については、ゲスト返金ポリシーでご確認いただけます。 ポリシーの適用範囲と、Airbnbによるサポートについて詳しくは以下をご覧ください。

    ホストの態度が曖昧または無応答

    旅行中にホストが予約をキャンセルした場合、もしくはチェックイン時点でホストがトラブル対応しない、または解決できない場合。

    以下が含まれます。

    • ホストがチェックイン24時間前を切ってから予約をキャンセルした
    • ホストがゲストの同意なしに予約を別のリスティングに変更した
    • ホストが提供したキーボックスの暗唱コードが間違っており、ホストに連絡がつかない

    到着時に宿泊施設が危険または不清潔

    チェックイン時に宿泊施設に差し迫った健康上または安全上の危険性があり、専門家による問題解決を必要とするか、前のゲストのチェックアウト後に部屋の清掃が行われていないと見られる場合。

    問題には以下が含まれます。

    • 重度のアレルギー反応
    • 極端なカビ
    • 汚れたシーツ類
    • 強烈な臭い
    • 病気を媒介する害虫・害獣
    • 有毒な刺咬昆虫
    • ノミまたは寄生虫

    リスティングの説明が不正確

    予約時に説明のあった重要な機能・設備が提供されなかった場合または機能しなかった場合。

    不正確な情報の例は次のとおりです。

    • 部屋数またはベッド数が間違っている
    • リスティングに記載のあったアクセシビリティ機能がない
    • リスティングに記載のあった一酸化炭素検出器がない

    主なアメニティ・設備の欠落

    リスティングの特徴であるアメニティ・設備が利用できず、滞在の目的を達成できない場合。

    次のような例があてはまります。

    • 夏季の滞在なのにプールが荒れ果てている
    • キッチンが工事中である
    • 冬季に暖房設備が故障している

    返金の請求

    ご自身で予約した旅行の最中に旅行上のトラブルが発生した場合は、Airbnbに連絡し、次の手順で返金を請求してください。

    1. トラブルに気づいてから24時間以内にAirbnbにメッセージまたは電話で連絡する
    2. トラブル内容(汚れたシーツ類や不正確な暗証コードなど)を写真や動画で記録・共有する
    3. 必要に応じてAirbnbがフォローできるよう、連絡がつく状態にしておく

    本ポリシーの適用範囲について詳しくは、ゲスト返金ポリシーの規約をご覧ください。 本記事に記載されている以外の問題でお困りの場合は、昼夜問わず世界中どこからでもお問い合わせください。

    関連記事
    必要なサポートは受けられましたか?