コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnbはどのように本人確認を行いますか?

    Airbnbでは、すべての方にとってできる限り安全安心なコミュニティをつくるため、常に全力で取り組んでいます。そのため、宿泊先や体験を予約する前、もしくはホストになる前に、政府発行の身分証明書の提出、または実名の確認と住所の登録をお願いすることがあります。このような情報を使ってAirbnbの安全確保、詐欺予防などの徹底に努めています。

    Airbnbによる本人確認の流れ

    本人確認を求められた場合、実名と住所、または政府発行の身分証明書(運転免許証、パスポート、国民識別カードなど)の写真のいずれかを提出する必要があります。また、その場で自撮りすることを求められる場合もあります。こちらは、プロフィール写真(別途求められる場合もあります)とは異なります。

    自撮り写真は身分証明書の顔写真と一致しなければならず、身分証明書は有効である必要があります。顔写真が一致しない場合、年齢が18歳未満である場合、または身分証が有効ではない場合、身分証明書の提示が必須のリスティングを予約することはできません。18歳未満の場合は、確定済みの予約もすべてキャンセルされます。

    ご本人確認は次のような方法で行えます。

    • 携帯電話を使って身分証明書の写真を撮影
    • パソコンまたはモバイル端末のカメラを使って写真を撮影
    • 身分証明書の既存の写真をアップロード
    • 実名をフルネームで入力
    • 住所を追加(銀行発行の書類や公共料金の請求書に記載されている情報と一致する必要があります)

    なお、本人確認手続きの完了をもって、特定のホストやゲストの推奨、身元の保証、やり取りの安全の保証とみなすことはできません。常に自らの最善の判断で行動し、ゲストホスト用にまとめられた安全のヒントに従うようにしてください。

    本人確認を求められる状況

    本人確認が必要となる状況はいくつか考えられます。たとえば、宿泊先や体験の予約を完了するために、ホストがゲストに身分証明書の提示を求めることがあります。

    Airbnbがご本人であることを確認するためにお願いする場合もあります。

    理由の如何を問わず、身分証明書がホストやほかのAirbnbユーザーに公開されることは決してありません。

    本人確認手続きは途中で中断し、後から完了することもできます。 airbnb.com/verifyにアクセスして中断したところから手続きを進めていただけます。

    IDの種類

    居住国と出身国によっては、次のいずれかの政府発行の身分証明書をご利用いただける場合もあります。

    • 運転免許証
    • パスポート
    • 国民識別カード

    身分証明書は政府が発行する正式なものをご利用いただく必要があります(学生証、図書館やジムの利用者カードなどはご利用いただけません)。

    運転免許証の場合は、免許証の表側と裏面の両方の写真が必要になります。

    パスポートの写真を追加する場合は、顔写真のページ最下部にある番号が写っていることを必ずご確認ください。

    シンガポール、香港、オランダ、日本、韓国にお住まいの方:アップロードする身分証明書の種類にかかわらず、身分証明書の写真に個人識別番号や登録番号が写らないようご注意ください。新しく身分証明書の写真を撮る方は、番号をテープで隠し、それ以外の記載事項がすべて写るようにしてください。既存の写真を利用する方は、個人識別番号が見えないように加工してからアップロードしてください。

    ドイツにお住まいの方:アップロードする身分証明書の種類にかかわらず、原本の写しであることを必ず明記してください。「Airbnb用の写し」という文言の透かしなどを入れることで、原本の写しであることを保証できます。記載事項がすべて確認できるようにしてください。

    その他の本人確認方法

    一部のケースでは、政府発行の身分証明書の提示が必要ない場合もあります。その際は実名および住所の追加をお願いしています(銀行発行の書類や公共料金の請求書に記載されている情報と一致している必要があります)。こちらの情報を、安全な第三者データベースと照合させていただきます。

    ホストに開示される情報

    政府発行の身分証明書を求められた場合、以下の情報がホストに開示されることがあります。

    • 身分証明書に記載の氏名(下の名前)
    • 年齢が25歳以上かどうか
    • 身分証明書のアップロードが完了しているかどうか
    • プロフィール写真とプロフィール名

    ゲストに関する下記の情報がホストやほかのAirbnbユーザーに公開されることは決してありません。

    • 身分証明書の写真
    • 本人確認手続きの一環で撮影した自撮り写真(要求された場合)
    • 住所

    プライバシー

    Airbnbではプライバシー保護の重要性を深刻に受け止めています。政府発行の身分証明書の提示でお預かりする情報は、Airbnbの個人情報保護ポリシーに従って適切に取り扱い、Airbnbや社外のデータベースに転送される際には、セキュアな暗号化技術(クレジットカード番号の送受信で一般のウェブサイトが使うのと同じもの)で保護しています。社外パートナーのデータベースも、Airbnbとの契約に従ってこの情報を適切に取り扱っています。

    オランダ、韓国、シンガポール、香港、日本の場合

    ご自身のプライバシーをさらに保護するため、身分証明書の写真に個人識別番号(BSN、RRN、NRIC、HKID、マイナンバーなど)が写らないようご注意ください。韓国の住民登録証または運転免許証をアップロードする場合は、生年月日を含む最初の6桁のみが写るようにしてください。

    身分証明書の写真をこれから撮る場合は、付箋などを使って個人識別番号だけを隠し、それ以外の記載事項はすべて写るようにします。既存の写真を利用する場合は、個人識別番号が見えないように加工してからアップロードしてください。

    Airbnbでは、個人識別番号の保護強化のため仕様変更を行いました。下記日付より前にご提出いただいた身分証明書については、写真に個人識別番号が写り込んでいたとしてもご安心ください。お預かりした身分証明書の写真はすでに完全削除または編集しましたので、必要なお手続きは特にありません。下記日付より後にご提出いただいた身分証明書については写真を保管していますが、プライバシー保護のため個人識別番号は削除いたしました。

    • オランダ、市民サービス番号(BSN):2017年9月5日
    • 韓国、住民登録番号(RRN):2018年5月15日
    • シンガポール、国民登録身分証明書(NRIC)/その他の個人識別番号:2019年9月
    • 香港、香港身分証(HKID):2019年10月1日
    • 日本、マイナンバー/個人番号:2019年10月1日

    身分証明書写真の保管と削除

    政府発行の身分証明書写真の保管は、個人情報保護の取り組みを記載したAirbnbの個人情報保護ポリシーに準じています。

    削除すると今後の予約がすべてキャンセルになってしまうため、身分証明書の写真の削除は控えましょう。

    最後の予約が完了から90日が経過してから削除するのがおすすめです。

    写真を削除する手順は次のとおりです。「アカウント設定」から「個人情報」にアクセスし、「政府発行のID」「削除」を選択します。

    プロフィール写真も削除は可能ですが、自撮り写真(要求された場合)は削除できません。

    身分証明書情報のその他の用途

    Airbnbではゲスト、同行者、ホストのみなさまから身分証明書情報をご提示いただくことで、コミュニティ全体の信頼性を高めるとともに、安全対策、不正予防などの徹底に努めています。その一環として、お預かりした身分証明書情報を以下のような用途で使用する場合があります。

    第一の用途は、ゲストとホストのみなさまの安全対策です。身分証明書の情報をもとに本人確認を行うことで、不正ユーザーによるログインをより効率的に排除できます。また、アカウント保護を強化し、Airbnb利用者全員が18歳以上であることをより確実に判断することができます。

    加えて、Airbnbでは、適用法で認められる範囲において、犯歴や性犯罪者登録の公的記録との照合のため、政府発行の身分証明書に記載された情報(氏名、住所、生年月日など)をAirbnbのサービスプロバイダに提供することもあります。現在このような確認作業の対象は米国内ユーザーのみに限られています。上記の確認は、詐欺行為やサービス悪用を防止する一定の効果は期待できますが、Airbnb上で予約を行うユーザーとのやり取りすべてが安全で、問題が発生しないことを保証するものではありません。犯罪歴と性犯罪者登録確認の限界に関する注意をよくお読みください。

    さらに、適用法で許可されている場合、Airbnbは身分証明書記載の特定の情報を銀行などの金融機関(税法、マネーロンダリング予防法、経済制裁法の取締りに利用)、警察などの法務執行機関(Airbnbの協力が必要な捜査に利用)に提供する場合もあります。

    Airbnbでは、関係諸機関と緊密に連携し、法的義務を遵守しながら、Airbnbをご利用いただくすべての方々の尊厳、プライバシー、安全を確保することを目指しています。

    写真照合の精度

    Airbnbでは自撮り写真の撮影を求められることもありますが、これは、自撮り写真と政府発行の身分証明書の顔写真を照合し、ご本人に間違いないことを確認するためのものです。

    写真の照合から有用な情報が得られることもありますが、そのプロセスは常時精度100%であるとは限りません。確認担当者のスキルと判断力、写真の質と解像度、見た目の変化(加齢、体重増減、服装の変化など)によっても、顔写真照合の精度には大きな開きが出ます。

    そのため別人が「同一人物」と判断されることもあれば、同一人物の顔が別人と判断されることもあります。また、不正ユーザーは、精緻で厳格な写真照合プロセスさえもくぐり抜けてしまう場合があります。

    写真照合結果の精度と効果について、Airbnbはいかなる保証も表明もいたしません。写真照合が完了していることをもって相手の身元の保証、または交流の安全性の保証とみなすことはできませんので、あらかじめご了承ください。

    トラブルシューティング

    お困りの場合は、政府発行の身分証明書の提出方法の詳細をご覧ください。

    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事