Airbnbのホスティング
快適な滞在を提供して高評価レビューを獲得しましょう
ホストの基本要件
Airbnbは、ホストの方がその要件を理解して、お家をシェアするたびに5つ星の宿泊体験を提供できるように明確なガイダンスを提供させていただきます。
Airbnbでは全ホストに、総合評価、返答率、キャンセル数、予約の受け入れ、基本的なアメニティ・設備という5つ項目について基本要件を満たしていただくようお願いしています。この基本要件の他に、滞在するゲストからレビューも付けられます。
既存ホストですか? 状況を確認するには進捗をチェックしてください。
基本要件
快適な滞在をコンスタントに提供できるよう、Airbnbでは5つの基本要件の遵守を全ホストに求めています。
基本的なアメニティ・設備
旅行中のゲストがシャワーや睡眠で不自由しないように必要な備品を準備してください。最低限の基本設備の提供は必須ですが、よろしければ他のアメニティ・設備もご用意いただけると助かります。
  • トイレットペーパー
  • 石鹸
  • リネン/シーツ類
  • 予約人数分以上のタオル
  • 予約人数分以上の枕
機敏な対応を
思いやりと気配りがあることを示すためゲストからの連絡には素早く返信しましょう。予約のリクエストや問い合わせに期限内に返答する確率は、返答率としてサイトに表示されます。Airbnbでは、こうしたメッセージに24時間以内に返答するようホストにお願いしています。
予約リクエストの承認
予約リクエストを4回も5回も送らないと予約がとれない状況は誰しも避けたいものですので、カレンダーで「予約可能」と表示している日のリクエストはなるべく「承認」でお願いします。カレンダーには常に最新の予約可能日を表示するようにしましょう。そうすれば、本当に泊められる日にだけ予約リスクエストを受け付けることができます。予約受付設定で宿泊前後の予約、当日予約、先々の予約のリクエストをブロックすることもできます。
ホスト責任によるキャンセルの回避
Airbnbはキャンセルを厳粛に受け止め対処しています。解約するとゲストの旅程が狂ってしまいますので、ホスト責任のキャンセルはなるべく控えましょう! 確定済みの予約をキャンセルすると、違約金などのペナルティが科されます。酌量すべき事情がある場合を除き、解約は避けるようにお願いします。
高評価レビューの獲得
どこを予約しようと、一定レベルの質を期待できる環境をゲストは求めています。宿泊を終えると、ゲストはその感想をレビューにまとめ、これもAirbnbが行うホストの審査の対象となります。総合評価とは、過去に宿泊した全ゲストによるレビュースコアの平均点を指します。
ホストにも、ゲストの「清潔さ」「礼儀正しさ」「コミュニケーション」を採点するチャンスが与えられます。そのフィードバックをもとにAirbnbは、全ゲストが宿泊施設を自宅のように大切に扱っていることを確認しています。何度も要注意フラグが立つゲストはペナルティの対象になります。
ゲストから高評価レビューを獲得
レビューで絶賛の嵐のホストのみなさまが特に力を入れているのは次の4つです: 清潔さ、リスティング情報の正確さ、スムーズなチェックイン、積極的なコミュニケーション。
清潔さ
ゲストはリスティングの写真で見たとおりの、キレイに片付いたお部屋を期待しています。掃除時間はたっぷり確保しましょう。特にチェックアウトとチェックインが同じ日に重なる場合は要注意。
ゲストのレビューにはお部屋の「清潔さ」を評価する項目もあり、リスティングのページに平均点が表示されます。「清潔さ」で続けて低いレビューを受けると、ペナルティが科される場合があります。
基本要件
  • ゲストの立入範囲はすべて掃除します。特に寝室、バスルーム、キッチンは入念に
  • 床などの表面に髪の毛、埃、カビがないことをチェックします
  • 予約の谷間に清掃します。
  • 清潔なリネン/シーツ類とタオルをゲストに提供
  • ゴミや食べ物など、前のゲストが残していったものを片付けます
ヒント
  • 宿泊前後に予約を入れない準備期間を設けてみましょう。1泊分または2泊分を自動ブロックする設定は「予約受付設定」でできます
  • 清掃料金を別途請求し、清掃用具購入や清掃サービス委託の費用に充ててみましょう
  • 何かこぼしたり散らかしたときにゲストがササッと拭けるように、お掃除道具も置いておきましょう
正確なリスティング情報
事前にありのままを共有し、期待値のすり合わせを行っておく方が、結局は互いに満足度の高い宿泊になります。ペットの可否などの必読事項と物件情報ははっきりと書き、それを読むだけでゲストがニーズに合う住宅かどうかを判断できるようにしておきましょう。リスティングとプロフィールが詳しければ詳しいほど相性抜群の人を呼び込めます。
ゲストのレビューには、ホストが提供する情報の「正確さ」を評価する項目もあります。
リスティング情報
基本要件
  • 所在地は最新のものを正確に記載します(所番地は予約後まで非公開)
  • 寝室とバスルームのプライバシー情報が正確
  • リスティングには実物の状態とレイアウトを忠実に反映する写真を掲載します
  • 「ある」と記載されたアメニティ・設備はすべて完備、故障もありません
ヒント
  • 多種多様な質の高い写真をキャプション付きで掲載し、お部屋の説明を詳しく書きます
  • 滞在中ゲストに守ってもらいたいことは「ハウスルール」にまとめましょう。喫煙、ペット、予約人数にない方の入室など、許可することとしないことを明確に伝えることができます。
  • 立入禁止エリアの有無についてもゲストに伝えておきましょう。例)ガレージ、屋根裏など
  • 「こんなはずじゃなかった…」と思われそうな不安要素は、あらかじめ正直に伝えておきましょう。例)「近所でうるさい工事がはじまった」、「8回階段を登らないと辿り着けない」
アメニティ・設備
備え付けのアメニティ・設備はすべて記載し、使える状態で全部揃えておきます。
1泊料金
料金はほどほどの範囲で設定を。必要以上に高くしすぎると、豪邸を期待されて後がつらくなります。悩んだときには、同じエリア内の競合を参考にするか、スマートプライシングをONにしてみましょう。
簡単なチェックイン
ゲストは長旅でくたくたです。なるべく「はっきり&シンプル」なチェックイン手順にしてあげましょう。宿泊後のレビューには「チェックイン」の評価項目もあります。
ヒント
  • スムーズな入室に必要な全手順をチェックインガイドにまとめましょう。ガイドはチェックインの24時間前になるとゲストに自動的にシェアされます。
  • ゲストの入室に立ち会う予定の場合、必ず事前にチェックイン時間を調整しておきましょう。
  • セルフチェックイン完備の場合は、リスティングの「ゲストの必読」で入室手順を入力しておきます。
  • 「到着が遅れる」、「直前になってわからないことが出てきた」という場合の連絡手段もゲストに教えておきます。
  • お家までの詳しい道順も提供します。これは「ハウスマニュアル」にまとめておくと時間の節約になります。
滞在中のゲストへの対応
ゲストと同居の方もそうでない方も、滞在中はずっと連絡がつながる状態にしておくことが大事です。宿泊後にゲストにお願いするレビューには「コミュニケーション」が明瞭&コンスタントにとれたかどうかを評価する項目もあり、評価の平均点はリスティングのページに表示されます。
ヒント
  • 自分からコミュニケーションを図って、頼れるホストアピールを。入室手順の連絡は早めに済ませ、当日入室に立ち会えないようなら、チェックイン時刻のタイミングを見図らってメッセージを1本送り、問題がないことを確認すると喜ばれます。解約防止にも。
  • 予約確定後にリスティングに何か変化があった場合には、ゲストにあらかじめ告知します。
  • Airbnbアプリをダウンロード、出先からでもメッセージにすばやく返答を。
  • ゲストの滞在中に不在の場合は、地元にいるお友達やご近所さんの連絡先を教えておくと親切です。