コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    新型コロナウイルスに関する最新情報
    キャンセルと返金のオプションを確認するには、「旅行」ページで該当する予約を選択してください。Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは、特定の予約にのみ適用されます。チェックイン日が2020年8月16日以降の場合、2020年7月15日以降に再度こちらのページで更新情報をご確認ください。

    Airbnbでホストできるのはどんな人?

    一つひとつの滞在には、チェックインに必要な情報を提供し、ゲストがくつろげるように工夫を凝らしている「ホスト」が存在しています。ゲストが予約した宿泊先や体験の種類により、ホストのゲストへの関わり方は異なります。

    ホストにはほぼすべての方がなることができます。Airbnbへの登録や、宿泊先・体験の掲載は無料です。宿泊先または地域での活動、どちらをホスティングする場合でも、すべてのホストはクオリティ基準を常に満たすことが求められます。

    宿泊先ホスト

    Airbnbでは、宿泊先を提供するすべてのホストに「総合評価」「返答率」「キャンセル率」「予約承認率」という4つの基本要件を満たすことおよび、Airbnbのサービス利用規約やその他のポリシーを遵守することをお願いしています。ゲストはAirbnbで宿泊先を予約する際に、ホストのプロフィールページや過去の予約レビューから、ホストが話す言語や返答率、滞在中にホストが宿泊施設にいるか否かなど、宿泊先のホストから期待できることを確認できます。

    ホストはまるまる貸切の一軒家や家族向け宿泊施設から、B&Bやホテルの客室、その他のユニークな場所まで、幅広い宿泊先を掲載することができます。ホストの中には、ゲストの到着時に宿泊先で直接挨拶したいと考える人もいれば、セルフチェックインができるように必要な情報をすべてゲストに事前に伝えておこうと考える人もいます。チェックイン前または滞在中に質問があれは、ゲストはいつでもホストに連絡できます。

    場合により、宿泊施設を補助ホストと協力して提供するホストや、複数のリスティングを管理するプロのホストもいます。さらには、新型コロナウイルスの対応にあたる医療救護活動従事者や救急隊員のほか、自国の紛争から逃れてきた家族など、一時的な滞在先を必要とする方々向けに無償で宿泊施設を提供するホストもいます。

    Airbnb体験ホスト

    体験ホストは、レッスン、ツアー、コンサート、その他の活動など、Airbnbでできることを掲載している地域の専門家です。休暇先で楽しみたい場合も、地元で知識を深めたい場合も、そして自宅からオンラインでできることを探している場合でも、一人ひとりのゲストにぴったりの体験がきっと見つかります。ご提出いただいたすべての体験企画は、Airbnbにより「専門性」「ホストならではのアクセス」「つながり」の観点から審査されるため、該当するクオリティ基準を満たし、これを順守する必要があります。

    体験を掲載するホストは、クッキング教室、動物との出会い、市内観光などあらゆる活動を提供することができます。Airbnb体験は直接対面式でも、Zoomを使ったオンライン式でもどちらでもホスティングが可能です。オンライン体験を提供するホストには追加要件が適用となります。すべての体験は、検疫や社会的距離の確保に関する制限を含む地域の法律を遵守しなければなりません。Airbnb体験およびAirbnbアドベンチャーの詳細をご確認ください。

    宿泊先および体験に適用される規制

    宿泊先および体験は世界中で提供されていますが、Airbnbは、一部の国と地域の居住者による当サイトの利用を制限する国際的な規制を遵守しなければなりません。そのため、Airbnbのサービスは、クリミア、イラン、シリア、北朝鮮ではご利用いただけません。宿泊先のホスティングに際して法的および規制面で気をつけるべきことおよび、Airbnb体験ホストの責任に関する詳細をお読みください。

    関連記事
    必要なサポートは受けられましたか?