検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
入門ガイド
ゲスト

物的破損に対する請求について

トラブルはまれですが、まったくないとは言い切れません。滞在中のゲスト、ゲストの招待者またはそのペットに起因する損害が発生した場合は、直ちにホストにご連絡ください。

後日、コミュニティサポートチームで参照する場合に備え、ご連絡いただく際は、Airbnbのウェブサイトまたはアプリを通じてホストにメッセージを送信する方法が最も確実です。写真をご提供いただけると助かります。

損害について事前に伝えておくことで、ホストは次のゲストの到着前に修理する時間をできるだけ多く確保できます。また、これによりAirbnbの関与を必要としない、当事者間での解決にもつながります。

損害に対するお支払いの手続きについて

1. ホストから支払い請求を受ける場合があります

ホストが、物品の破損・紛失や予期せぬクリーニング費用についてゲストに責任があると考える場合、ホストは問題解決センターを通じて損害に対する支払い請求を送ることができます。ゲストのみなさまは、24時間以内のご返答をお願いします。

  • 全額お支払いいただくと、請求手続きが完了します。
  • 一部金額のみお支払いいただいた場合、お支払いを拒否なさった場合、または請求を無視した場合は、ホストは次のステップとしてAirbnbの関与を求めることができます。

2. ホストはAirbnbを関与させることができます

ホストがAirbnbの関与を求めた場合、Airbnbコミュニティサポートチームの担当者が、ゲストに物的損害の責任を負っていただく必要があるか、およびホストの請求金額が妥当かを判断します。ホストから提出された証拠と、ホストの請求に対するゲストからの最初の返信に記載されている内容を確認することで、Airbnbチームの担当者が検証を行います。また、ホストの支払い請求について事情を知る方やゲスト宛に、ほかの関係者が追加でご連絡する場合があります。

3. Airbnbから支払いをお願いする場合があります

ゲストは、期限内にお支払いになるか、異議申し立てるかをご自身でお選びください。期限内のお支払いや異議申し立てを行わない場合、または異議申し立ての内容が認められなかった場合は、お支払い方法に請求が発生いたします。(こちらは中国、日本、またはインド国内の滞在には適用されません。)事前通知なく請求されることはなく、請求の前にも、後にも異議を申し立てることが可能です。請求後の異議申し立て期間は60日です。

損害への対処は決してうれしいものではありませんが、こちらのプロセスは可能な限り公平になるよう作られています。詳しくは、Airbnbの「サービス利用規約と「支払サービス利用規約」をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
ログインまたは登録