コンテンツにスキップ
主なヘルプ記事にジャンプ

Airbnb差別禁止ポリシー:インクルージョンとリスペクトの約束

Airbnbは、基本的に、世界のあらゆる地域の人たちが意義ある体験を共有し、世界をより身近なものにするオープンコミュニティです。ここには全世界のほぼすべての国から数百万人もの人々が参加しています。異なる文化、価値感、習慣を持つ個人がつながるとても多様なコミュニティとなっています。

Airbnbコミュニティは、あらゆるバックグラウンドを持つ人たちが、どんなに遠くに旅をしても、歓迎され、リスペクトされていると感じられる世界の構築を目指しています。その実現を支えるのが、Airbnbのホストとゲストの両方に適用される2つの根本原則、インクルージョンとリスペクトです。全員がこの原則を共有することで、メンバーは、自分がだれであっても、どこから来ても、何をどのように崇拝し、だれを愛するとしても、Airbnbプラットフォームでは歓迎されていると感じることができます。Airbnbは、国籍、性別、婚姻状況、性的指向などの属性に基づく個人の区別が一定の法域において許可または要求されていることを認識しております。そのため、ホストに対し、現地の法律に違反したり、法的責任を伴う行動をとったりするよう要求することはありません。Airbnbは、そのような許可や義務が存在する法域においては、本差別禁止ポリシーを修正し補足のガイダンスを掲載することで、その法域での許可や要求を反映します。

一企業がすべての人々に共生を義務付けることなどできるとは思っておりませんが、Airbnbコミュニティの力で、すべての文化を越えた共感と理解を育むことは可能であると私たちは考えます。私たちはみな、違法な偏見、差別、不寛容はいかなる形式であれ、これをAirbnbのプラットフォームから排除するようあらゆる手段をつくすことを誓います。私たちは、単なる法令遵守以上の協調の文化をAirbnbコミュニティ(ホスト、ゲスト、プラットフォームの使用を検討中の人たち)の中に育んでいきたいと願っています。そのために、Airbnbの社員、ホスト、ゲストをはじめ私たち全員は、Airbnbコミュニティの結束を強化し、世界中どこでも居場所があり、だれもが歓迎されていると感じられる世界をつくるという基本理念の実現のために、以下のポリシーを読み、これに従い行動することに同意します。

  • インクルージョン – 私たちは、それぞれの土地に根ざしたおもてなしと広い心で、あらゆるバックグラウンドを持つゲストを迎えます。ホストやゲストとしてAirbnbに参加することは、インクルージョンのコミュニティの一員になることを意味します。偏見、先入観、人種差別や憎悪は、私たちのプラットフォームまたはコミュニティにあってはなりません。ホストは、人種、宗教、国籍および下記の属性に基づく差別を禁止するすべての法律に従うこととします。また、私たちはこのような法的に求められる最低限の義務遵守に甘んじることなく、その上を目指すことを約束します。
  • リスペクト – 私たちは、出会いや交流の場において互いに尊重し合います。Airbnbは現地の法令や生活習慣が世界各地で異なることを尊重しており、ホストやゲストには現地の法令を遵守し、宗教や文化背景が異なる相手に対しても互いに敬意をもって接するものと定めています。Airbnbのメンバーは、驚くほど多様な人生経験、信条、習慣をこのコミュニティにもたらしてくれます。異なる文化背景の人同士を結ぶことによって、Airbnbは全人類が分かちあう共通点への理解と感謝を深め、誤った先入観、誤った情報、誤解に基づく偏見を打破します。

米国&EU内ホストへの具体的ガイダンス

私たちは、住宅および公共宿泊施設に適用される連邦政府、州、地方自治体の法律すべてに精通するという基本を守ります。Airbnbの差別禁止ポリシーの遵守義務に関する質問がある場合、ホストはAirbnbのカスタマーセンターに問い合わせるものとします。Airbnbは、米国&EU以外の法域についても差別禁止ポリシーのガイダンスをまもなく公開する予定です。この原則を踏まえたうえで米国&EU内のホストコミュニティは、宿泊希望者とゲストの宿泊受け入れを検討する際、以下のルールに従うものとします。

人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識、婚姻状況

  • Airbnbのホストは、以下をしてはなりません
    • 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識または婚姻状況に基づいてゲストを却下すること。
    • 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識または婚姻状況に基づいて異なる条件や制約を課すこと。
    • 人種、肌の色、民族、国籍、宗教、性的指向、性別認識、または婚姻状況を理由にゲストが宿泊をあきらめるように仕向けたり、ゲストを選り好みするようなリスティングを投稿したり、発言をしたりすること。

性別認識

Airbnbはユーザーに性別を割り当てることはしません。本人が認識する性別、ユーザープロフィールに表記する性別を、個人の性別と見なします。

  • Airbnbのホストは、以下をしてはなりません。
    • 性別に基づきゲストの宿泊を拒否すること。ただし、ホストが生活スペース(バスルーム、キッチン、共用エリアなど)をゲストと共有する場合は例外とします
    • 性別により異なる条件や制約を課すこと。ただし、ホストが生活スペースをゲストと共有する場合は例外とします。
    • 性別を理由にゲストが宿泊をあきらめるように仕向けたり、ゲストを選り好みするようなリスティングを投稿したり、発言をしたりすること。ただし、ホストが生活スペースをゲストと共有する場合は例外とします。
  • Airbnbホストは、以下をすることができます。
    • ホストが生活スペースを共有する場合、宿泊施設をホストと同性(異性ではなく)のゲスト専用に貸し出すこと。

年齢、婚姻状況

  • Airbnbのホストは、以下をしてはなりません。
    • 法的に禁じられているにもかかわらず、ゲストの年齢や婚姻状況を理由に、異なる条件や制約を課したり、宿泊を却下すること。
  • Airbnbホストは、以下をすることができます。
    • ある一定年齢のゲストや、子ども/乳幼児連れファミリーには安全とは言えない設備あるいは不向きな設備(または設備の欠如)について、事実に基づく正確な情報を提供すること。
    • 一定年齢未満のゲストや子ども/乳幼児連れファミリーを禁じている建物全体の入居制限(シニアホームなど)についてリスティングに明記すること。

身体障がい

  • Airbnbのホストは、以下をしてはなりません。
    • 実際の身体障がいまたは障がいがあるように見受けられることを理由に、ゲストを却下すること。
    • ゲストに障がいがあることを理由に、異なる条件を課すこと。
    • 個別の宿泊希望者に対する判断をもって、宿泊先が体の不自由なゲストのニーズを満たしているかどうかの判断を行うこと。
    • 身体障がいの有無、障がいの程度、障がいに対応するために用いる手段についてゲストに問い合わせること。ただし宿泊希望者が自分の障がいについて話した場合は、リスティングがそのゲストのニーズに合うかどうかを話し合うことができ、またそうしなければなりません。
    • 歩行支援用具の使用を禁じたり、制限したりすること。
    • 身体障がいを持つゲストに宿泊料金やその他手数料を追加すること。障がい支援の介助動物(サービスアニマルや感情支援動物)を同伴するゲストに、ペット宿泊料金を追加すること。
    • ゲストに身体障がいがあるという理由で、ゲストが宿泊をあきらめるように仕向けたり、ゲストを選り好みするようなリスティングを投稿したり、発言をしたりすること。
    • 電話リレーサービス(聴覚障がい者の場合)やメール(画面読み上げソフトを使う視覚障がい者の場合)など、利用可能な通信手段があるにも関わらずゲストとのやりとりを拒むこと。
    • 妥当な宿泊施設を提供するのを拒むこと。これには、介助動物の同伴や近隣の空いている駐車スペースの使用などの軽微な変更をハウスルールに加えるよう要求され、それに柔軟に対応することを拒むことも含まれます。ゲストからそのような宿泊施設がリクエストされた場合には、ホストとゲストが互いに話し合って双方が同意できる実現方法を模索するものとします。
  • Airbnbホストは、以下をすることができます。
    • 宿泊施設のバリアフリー設備(または設備の欠如)について事実に基づく正確な情報を提供し、宿泊施設が自身の個別のニーズを満たしているかどうかを身体障がいを持つゲストが自身で判断できるようにすること。

個人の選定

  • Airbnbホストは、以下をすることができます。
    • 上記の場合を除き、Airbnbのホストは、法律で禁止されていない属性に基づいて、レンタルを断る権利があります。たとえば、法律で禁止されている場合を除き、Airbnbのホストはペット同伴のゲストや喫煙するゲストなどには宿泊を断ることができます。
    • 宿泊施設内で食べる食品の制限を守るようゲストに要求すること(例: 台所で扱う食品をコーシャやベジタリアン限定にしているホストは、ゲストにもこのルールを守るよう求めて構いません)。この場合、ハウスルールにこれらの制限を明記するものとします。
    • 本ポリシーに含まれるいかなる文言も、公民権法で保護されていない属性または保護対象の属性と密接に結びつかない属性を理由にゲストを拒否する権利を妨げないものとします。たとえば、Airbnbのホストは宿泊施設内で煙草を吸いたいゲストを拒否したり、収容人数を制限したりすることができます。

ゲストを拒否する場合。 拒否されるのを好きな人はいないということを、ホストは心に留めておく必要があります。宿泊希望者を拒否する適法かつ正当な理由がホストにあったとしても、コミュニティのメンバーはそれを歓迎されていない、または排除されたと受け止める可能性もあります。ホストはあらゆるバックグラウンドを持つゲストを歓迎する方向でできる限りの努力をするものとします。(正当な理由を明示している場合であっても)保護対象に該当するゲストを拒否することを繰り返し行うホストは、歓迎されていないという思いを相手に抱かせ、私たちのコミュニティの結束を弱める恐れもあるため、Airbnbはこのようなパターンを示したホストについては、Airbnbプラットフォームの利用を停止する権利を有します。

米国&EU域外ホストへの具体的ガイダンス

米国&EU域外では、たとえば婚姻状況、国籍、性別、性的指向などの属性を理由に宿泊の区別を行う行為を、法的に許容あるいは義務付けている国や地域もあります。これはAirbnbの差別禁止ポリシー違反に相当しますが、この場合は、現地の法令を破ってまでAirbnbのポリシーを遵守する必要はありません。また、逮捕、身体的危害、物的損害の実質的かつ明白なリスクを背負ってまでゲストを承認する必要もありません。このような地域にお住まいのホストは、特定のゲストの宿泊受け入れが法的に規制されていることをリスティングに明記し、宿泊希望者と問題に対する共通認識を図り、法的に必要な措置であることをAirbnbが確認できるようにしなければなりません。また、このような規制について伝える際には、クリアに事実のみを淡々と述べ、軽蔑する言い回しは慎むものとします。中傷、侮辱表現は、Airbnbのプラットフォーム上でもコミュニティ内でも、その使用を固く禁じます。

地域のポリシーに従わないホストはどうなる?

特定のリスティングに本差別禁止ポリシーに反する表現が含まれる場合、ホストはその表現を取り除くよう要請され、本ポリシーおよびその根底にある原則を理解したうえで順守する意思があるかどうかを再確認されます。Airbnbはまた、独自の判断により、当該ホストに対してAirbnbプラットフォームの利用を一時的に停止するなどの措置を講じることができます。

保護対象の属性を理由にホストがゲストを不当に拒否した場合、またはホストが使用した表現から、そのホストが本ポリシーでの禁止要因を動機とする行動をとったことがわかる場合には、Airbnbは、そのホストのAirbnbプラットフォームの利用を一時的に停止するなど、このポリシーを強制する措置をとるものとします。

Airbnbコミュニティは日々成長を続けておりますが、私たちの最も重要なゴールは「ゲストもホストも歓迎されていると感じ、Airbnbプラットフォームを介した交流のすべてにおいて歓迎とリスペクトを感じられる環境を整えること」です。私たちは今後もAirbnbのポリシーと業務がこの目標に沿い続けるようにしていきます。一般のみなさま、私たちのコミュニティ、そして私たち自身も上記のことを最低限期待できるものとします。