コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Cleveland, OH

    Airbnbでホストを始めるかどうか決める際には、お住まいの市または郡の法令を理解しておくことが重要です。プラットフォームおよびマーケットプレイスとしての機能を果たすAirbnbは法的アドバイスを提供することはないものの、クリーブランド市に適用される法規制をより正確に理解するために役立つと思われるリンクをご提供します。すべてのケースを網羅しているわけではありませんが、お住まいの地域の法令を理解するための起点となるはずです。質問がある場合は、都市計画委員会建造物住宅局、またはお近くの法律の専門家か会計士までお問い合わせください。

    • お住まいの地域はどこですか?責任あるホスティングを行うためのこのページはクリーブランド市に関して説明します。クリーブランド市の近くの他の市や町(クリーブランド市に含まれないカヤホガ郡など)には異なる規則が適用される場合があります。クリーブランド市の境界の外にある他の市や町にお住まいの場合は、お住まいの市の管理局または計画局で詳細をご確認ください。
    • クリーブランド市のゾーニング条例。クリーブランド市の条例のIIIBにある「クリーブランド市のゾーニング条例」は市に適用される使用目的と制限条件について規定しています。リスティングがゾーニングの要件と使用目的に合致しているかどうか確認するには、ゾーニング条例を確認する必要があります。アパート、下宿、民宿、ホテル、住宅、集合住宅に関する重要な用語が定義されています。
    • 事業許可。オハイオ州内のすべての企業はオハイオ州州務長官に登録を行い、有効な事業許可を取得する必要があります。登録手続きに関する詳しい情報については、オハイオ州がこちらで起業のプロセスについてまとめています。
    • 税金。クリーブランド市は連泊数が30泊以内の宿泊をゲストに提供するホテルの事業者に3%の短期宿泊税(TOT)を課しています。クリーブランド市の条例の「短期宿泊税」のセクションをチェックのうえ、リスティングに本税が適用されるかどうか確認する必要があります。カヤホガ郡は別途5.5%のベッド税を課しています。Airbnbはカヤホガ郡のベッド税の回収と納付代行を行います。本手続きの詳細については、Airbnbのヘルプセンターのこちらこちらで確認できます。
    • 建造物と住宅の基準。また、クリーブランド市は建造物の建設・設計・保守に関する最低基準を規定した規則と規制(居住性、衛生、安全性に関する規制を含む)を実施しています。住居目的および非住居目的に適用される一部の規制がリスティングに適用される場合があります。こちらでクリーブランド市の条例のIIIC、D、およびEをご確認ください。
    • その他の規則。さらに、物件に適用される可能性のあるその他の契約と規則(賃貸契約、タイムシェアの所有権の規則、コンドミニアム理事会規則、集合住宅管理規則、管理組合規則、入居者団体の規則など)について理解し、順守する必要があります。ご自分の賃貸契約の内容をよく読み、該当する場合は大家さんにご確認ください。

    Airbnbは自治体の責任者と力を合わせ、このような規則がシェアリングエコノミーにおいてどういう意味を持つのか明確化し、Airbnbがコミュニティにどのようなメリットをもたらしているか自治体の理解を得ようとしています。必要に応じて、当社は一般の人々が自宅を貸し出すことができるよう引き続き規則と規制の変更を訴えていきます。

    最終更新日: 2016年5月16日

    必要なサポートは受けられましたか?