コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnb Plusホストからのヒント:機能的なレイアウトにするには

    Airbnb Plusホストのヒントをもとに、お部屋を賢くレイアウトする方法を学びましょう。
    投稿:Airbnb2021年4月21日
    1分で読めます
    更新日:2021年4月21日

    注目ポイント

    • リスティングの場所をわかりやすく伝え、アクセスしやすくしましょう

    • 快適なレイアウトに

    • 仕事がしやすいスペースをつくる

    • ぐっすり健やかな眠りに誘う

    • キッチンやバスルームは機能性を意識しましょう

    Airbnb Plusホストの方々は、快適さや機能性を意識しながら、すべてにおいて使い勝手のよい環境にすることで、ほかにはないリスティングを提供しています。 お部屋のセッティングに使える戦略をご紹介します。

    全部すぐ見つかるところに

    どのエリアも生活動線を考えたレイアウトとし、ゲストが滞在、仕事、リラックスできるようにする必要があります。 たとえば、所在地は見えるように表示し、最初から宿泊施設がすんなり見つかって、入室できるようにします。 玄関はゲストのことを考え、コートを掛ける場所や、鍵や財布などの小物を置く場所がわかるようにしましょう。

    快適なレイアウトに

    椅子は詰め過ぎず、壁から十分な距離離して座るための十分なスペースを確保し、リラックスして食事ができるようにしましょう。 リスティングの定員分の椅子は用意するように。 リビングには、座って会話ができるメインの場所を用意し、テレビが見えるようにします(ある場合)。 近くには、本や飲み物などを置くテーブルを配置。 読書や仕事用には暖色系の明かりをプラス。

    先を読むこと。そうすればゲストのニーズに先回りして満足のゆく対応を提供できますし、 やってみるだけの価値はあります。「お部屋がとても丁寧にデザインされていて、レイアウトも考え抜かれていました」と語るのは、カリフォルニア州マリブのAirbnb PlusホストShannonさんのお部屋に泊まったゲストのAshleyさん。 「ずっと『はぁ~♡』とため息の連続でした。たぶん千回くらい」

    理想的なワークスペースづくりを考える

    ダイニングテーブルであれ、専用のデスクであれ、電源が使え、Wi-Fiの電波も強い、明るい作業スペースを確保しましょう。 ノートパソコンが使いやすい机素材に加え、人間工学に基づいて作られたエルゴノミクスチェア、あるいは背もたれのある椅子を検討するのもよいでしょう。

    ゲストにくつろぎを

    安眠のために必要なものをゲストに提供することが大切です。 まず、両側から入れるようにベッドは壁に付けて置き、ベッドサイドテーブル用のスペースも確保しましょう。 このレイアウトにするだけで、ベッドメイクがしやすくなり、部屋の動線を最適化できます。 照明は、ベッドサイドテーブルにランプを置くか、その上部に壁付け照明を設置することで、リラックスした雰囲気がつくれます。 ベッドリネンは高品質のものを使用し、お部屋は清潔に保ち、快適な環境を維持しましょう。

    生活動線を確保

    キッチンカウンターを綺麗に片づけておけば、ゲストも利用しやすくなります。 トースターや電気ケトルなどの家電はカウンターに出ていても大丈夫ですが、調理のスペースはかならず確保しましょう。 バスルームについては、フックやラック、棚をシャワーの近くに配しておけば、ゲストも便利です。

    ゲストが心おきなく生活、仕事、リラックスできるようなお部屋が理想です。 ゲスト目線で居心地を考えながら、すべての部屋を使いやすく楽しめるような場所にしましょう。 ホストの方々は、これらのヒントを活用することで、ゲスト全員が快適に過ごせるお部屋をつくることができます。

    注目ポイント

    • リスティングの場所をわかりやすく伝え、アクセスしやすくしましょう

    • 快適なレイアウトに

    • 仕事がしやすいスペースをつくる

    • ぐっすり健やかな眠りに誘う

    • キッチンやバスルームは機能性を意識しましょう

    Airbnb
    2021年4月21日
    役に立ちましたか?

    こちらもおすすめ

    こちらもおすすめ

    ほかのトピックを見る