おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    アクセシビリティのニーズがあるゲストをホスティングするためのヒント

    宿泊施設にあるアクセシビリティ機能・設備を紹介して、より多くのゲストを迎え入れましょう。
    投稿:Airbnb2021年4月7日
    3分の動画
    更新日:2022年6月14日

    注目ポイント

    • 多くのゲストが、アクセシビリティ機能・設備(段差のない出入り口など)を備えたリスティングを検索しています

    • アクセシビリティ機能・設備を追加すると、リスティングがAirbnbの検索結果に表示されやすくなります

    • 歩行が不自由なゲストがリスティングにアクセスできるようにするための機能・設備をご紹介します

    高齢者やベビーカーに乗った子ども連れのご家族、歩行の不自由な方がいるご家族など、多くのAirbnbゲストはそれぞれに独自のアクセシビリティのニーズを抱えています。

    アクセシビリティ機能・設備でフィルター検索を行うゲストが多いため、リスティングで対応しているアクセシビリティ機能・設備を掲載しておけば、検索結果に表示されやすくなり、結果として予約獲得率を向上することができます。

    さまざまなニーズを持つゲストの方々が安心して予約できる、居心地のよい空間づくりのためのガイドラインをご紹介します。

    リスティングにアクセシビリティ機能・設備を追加する

    次のアクセシビリティ機能・設備がリスティングにあると、ゲストからの注目度を上げることができます。

    • ゲスト用玄関まで段差のないアクセス
    • 段差のないゲスト用玄関
    • 段差のないお部屋の出入り口
    • アクセシビリティ対応の駐車スペース
    • お部屋まで平坦なアクセス(急傾斜なし)
    • 照明に照らされた玄関アプローチ
    • 幅が広いお部屋の出入り口
    • 段差のないシャワールーム
    • 手すり付きのトイレやシャワー
    • シャワーチェアまたはバスチェア
    • 天井走行リフトまたは移動式リフト
    • プール用リフト

    リスティングにアクセシビリティ機能・設備を追加する方法について詳しくはこちらをご覧ください

    写真を使ってお部屋のアクセシビリティ機能・設備をアピールする

    AirbnbのアクセシビリティコンサルタントであるSrin Madipalli氏は、「脊髄性筋萎縮症を抱える大の旅行好きとして言えるのは、宿泊先が自分に向いているかどうかを判断する際に写真が非常に重要であるということです」と話します。

    アクセシビリティ機能・設備を紹介しているリスティングが、特定のニーズを持つゲストに本当に適しているかどうか確認できるよう、ホストのみなさまは、各アクセシビリティ機能・設備の写真を提出していただく必要があります。アクセスビリティ機能・設備があるのは一部の部屋のみであることを明記できます。たとえば、固定された手すりがあるバスルームは、1つだけであることを記載することができます。Airbnbのアクセシビリティ機能・設備のポリシーについては、ヘルプセンターの記事をご確認ください。

    幸いにも、アクセシビリティ機能・設備を紹介する際に、プロの写真家に撮影してもらう必要はありません。スマートフォンを使えば、段差のないシャワールームやスロープなどを簡単に撮影することができます。さまざまな角度から写真を撮影しておくと、ゲストはリスティングが自身のニーズに合っているかどうかを確認しやすくなります。たとえば、アクセシビリティ対応の駐車スペースがある場合は、宿泊施設のほかの場所との位置関係が明確に伝わる写真を撮影するとよいでしょう。

    すべてのアクセシビリティ機能・設備は、Airbnbの写真ガイドラインに基づいて確認された後で、リスティングに掲載されます。Airbnbのガイドラインを満たさない機能・設備の写真がある場合は、新しい写真をアップロードしていただくか、リスティングからアクセシビリティ機能・設備の記載を削除していただくようお願いする場合があります。

    アクセシビリティ機能・設備の写真撮影については、こちらのガイド記事が役に立ちます。

    ゲストと率直でオープンな会話をする

    宿泊を希望するゲストに予約前に少し質問をすれば、お部屋がそのゲストに合っているかどうかを一緒に判断することができます。

    次のような質問で会話をはじめるのもよいでしょう。「お部屋に関して具体的に聞いておきたいことはありませんか?」「より快適に過ごしていただくため、何かお役に立てることはありませんか?」

    思いやりのある質問をすることで、ゲストがお部屋を予約する際の安心度を大幅に高めることができます。

    念入りにお部屋の準備を整える

    アクセシビリティのニーズがあるゲストの到着前に、リスティング内の移動をより簡単にするためにできることがないか検討してみましょう。アイディアをいくつかご紹介します。

    • 椅子、テーブル、オットマンなどの家具を移動して居住スペース内の通路を広くする
    • コンセントを使いやすくする
    • タオルや食器などの生活用品を届きやすい場所に置く

    お部屋のアクセシビリティ対応を強化する方法を学びましょう

    多様性を受け入れ、関心を深めるガイドブックを作成する

    ガイドブックを作成することで、ゲストに地域のよさやおすすめ情報を伝え、おもてなし精神を見せることができます。食事、観光、アウトドア活動のおすすめを追加する際は、アクセシビリティのニーズがある旅行者の立場で考えるようにしましょう。

    たとえば、スロープが備えられているレストランを見つけたり、舗装された散歩道の一覧を作成したり、出入り口近くに多くの駐車スペースがある美術館や博物館を紹介したりするとよいでしょう。

    以上のヒントをホスティング業務に取り入れることで、より多くの方にとって居心地のよい空間をつくり、誰にでも居場所がある世界の実現に貢献することができます。

    本記事の掲載情報は、公開後に変更されている可能性があります。

    注目ポイント

    • 多くのゲストが、アクセシビリティ機能・設備(段差のない出入り口など)を備えたリスティングを検索しています

    • アクセシビリティ機能・設備を追加すると、リスティングがAirbnbの検索結果に表示されやすくなります

    • 歩行が不自由なゲストがリスティングにアクセスできるようにするための機能・設備をご紹介します

    Airbnb
    2021年4月7日
    役に立ちましたか?

    ほかのトピックを見る