コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    あるホストが小さなタイニーハウスで大きな夢を叶えるまで

    アトランタでユニークなリスティングを掲載中のスーパーホストが、成功の秘訣を語ります。
    投稿:Airbnb2020年12月18日
    1分で読めます
    更新日:2021年4月28日

    注目ポイント

    • こちらのスーパーホストは、ほかにはない個性的な宿泊先づくりの事業プランを立てました

    • ホストは森の中の物置小屋付きの宿泊施設を本格的なホスティングビジネスに変えました

    • デザインと独創性に焦点を当てたリスティングで、今では年間何千人ものゲストを迎え入れています

    • Airbnbでホスティングすると、楽しみながら充実感と安定した収入を得ることができます

    アトランタ郊外にあるひっそりした2.5エーカー(約3,060坪)の土地で600本もの高木に囲まれながら、Darrel Maxamさんは、Airbnbでユニークなリスティングをホスティングするという天職を見つけました。

    すべては1軒のタイニーハウスから始まりました。ジャマイカで生まれたDarrelさんは、6歳になるまで約14平方メートルのコンクリートの建物に住み、素足で暮らしていました。何年も経って家族と共にアメリカのコネチカット州に移住したDarrelさんは、飽くことのない学習意欲をバネに見事3つの学位を取得しました。専攻していた美術から副専攻の歴史、経営学の修士過程で学んだプロジェクト管理にいたるまで、学業で学んだことすべてがホストとして役立っています。

    今では、ホストとしての成功術について本を書ける程のエキスパートとなりました。これまでにタイニーハウス5軒とツリーハウス1軒を建て、ジオデシックドーム風のツリーハウスも建設中です。社交家のDarrelさんは、多くの情熱を追求する方法を見いだし、ゲストと分かち合っています。

    Darrelさんには自らの成功を超えた目的意識があり、長年にわたって地元コミュニティに食物を提供し高齢者を支援してきた経験から、ユニークなお部屋のホスティングという独創的な方法でも地域経済を促進できると考えています。「Airbnbは小企業を応援してくれます。コミュニティに活気を取り戻し、本来の姿に立ち返らせることが目標です」(Darrelさん)

    小さく始めて大きく成長

    Darrelさんは自らの独創的な将来像を完璧に実現しています。2015年、成長が見込まれる森林地帯に家を購入し、住宅ローンの返済を補うために新居をAirbnbでホスティングし始めた後、Darrelさんは自分が思い描く将来を見据え、思い切って投資することにしました。

    地元の建設業者の助けを借り、70,000ドル足らずの個人ローンを使って1軒目のタイニーハウスをつくり上げたのです。建設には8週間かかりました。

    Darrelさんは、旅を愛するゲストとして、また自宅を貸し出す宿泊ホストとして、すでにAirbnbを利用していました。タイニーハウスはたちまち大当たりとなり、掲載後1週間足らずで、その後3か月間の週末は満室になりました。

    Darrelさんは飲み込みが早く、樹木や食べ物から科学雑誌、日本のデザインにいたるまで、あらゆるものにこだわりを持っています。「私はいつも何かしら考え事をしていて、どうしたらものごとを改善できるかを考えるのが大好きなんです」小規模に始めることで、Darrelさんはてきぱきと仕事をこなし、しっかり計画を立て、きちんと実行することができました。

    未来を見据えたリスティング建設

    予約が絶え間なく入ったため、Darrelさんは18か月後にローンを完済することができました。「18か月経っても元が取れないようなら、このプロジェクトは先に進めないと決めていました」とDarrelさんは言います。そして、次にやるべきことが利益の再投資であることは、はっきりとわかっていました。

    タイニーハウスのホスティングに大きな可能性を見いだしたDarrelさんは、さらなるタイニーハウスの建設に意欲的に取り組み、4年足らずで「タイニーファイブ」(Tiny Five)の誇り高きオーナーとなりました。Darrelさんが自ら建てた各タイニーハウスからは森林風景を一望でき、室内にはユニークな装飾と再生材料がふんだんに取り入れられています。

    Darrelさんはそれぞれのタイニーハウスに独自のテーマを設け、楽しみながらも費用を抑えつつ、情熱をもって作業に取り組みました。最初に建てたタイニーハウスの外壁には日本の焼杉板を使用し、再生木材を使用した室内空間は、Darrelさんが幼い頃から大好きだった骨董品や鉢植え植物で埋め尽くしました。

    その行程は決して容易なものではありませんでした。Darrelさんは、腫瘍科の看護師である妻と共に、3人の幼い子どもたちを育てながら、本業の仕事に携わる傍らで予約管理を行うという多忙な毎日を送っていました。

    しかしDarrelさんが事前に行った計算では、少ない初期投資で素早い利益回収が狙えるタイニーハウスをホスティングするのは理にかなっていました。

    木々に囲まれた自然の中で見つけた天職

    Darrelさんはまた、美しさが際立つユニークなお部屋づくりをしたいと考えていました。アトランタ全域にツリーハウスが2軒しかないと知ったとき、すべてが上手く収まり始めました。

    Darrelさんは、もっとよいツリーハウスを建てさえすればゲストが来てくれると判断し、さっそく実行に移しました。ツリーハウスの完成後15か月以内には利益回収できる見込みです。

    ものづくりへのこだわりは、Darrelさんが得意とするところです。ツリーハウスのブランコ、屋外レインシャワー、鋳鉄製の猫足バスタブまで、あらゆるディテールを計算してつくり込んでいきます。その結果、ゲストは木々の下で絆を深めながら、それぞれのユニークなお部屋を堪能することができます。

    「いつもゲストに出会うのが楽しみです。焚火の前で一緒に時間を過ごしながら、絆を深め、ゲストからいろいな話を聞いて、つながりを築く。そんな時間が大好きです」とDarrellさん。

    いつもゲストに出会うのが楽しみです。焚火の前で一緒に時間を過ごしながら、絆を深め、ゲストからいろいな話を聞いて、つながりを築く。そんな時間が大好きです。
    Darrel, Airbnb Superhost,
    米ジョージア州アトランタ

    大きな飛躍

    Darrelさんは、ホスティングを単に副業として見るのではなく、どのようにして自らの情熱に投資できるか、じっくり考えてきました。「私が引退を迎えたのは2019年7月12日。この日、現金すべてをツリーハウスにつぎ込みました」とDarrelさんは言います。

    美しくユニークな滞在先を提供し、ゲストとのつながりを築く。Darrelさんはそんな日々を仕事ではなく、大好きなことに打ち込む引退生活と感じています。

    慎重に計画を立て、あっという間にコストを回収することにより、Darrelさんは宿泊施設を収益性の高いホスティングビジネスへと変えることに成功しました。起業家としての鋭い直感、3つの学位、新しいことに挑戦する情熱はすべて、成功の要因となりました。しかしDarrelさんは、ユニークなリスティングをホスティングすることで誰でも成功を収めることができると力説します。

    「Airbnbコミュニティはさまざまな個性の集まりです」とDarrelさんは言います。「予算がいくらでも、素敵なリスティングをつくることは可能です。70,000ドルの資金がなくても大丈夫。裏庭にベル型テントを張り、にぎやかに飾り付ければ、きっとうまくいくはず」
    Airbnbコミュニティはさまざまな個性の集まりです。予算がいくらでも素敵なリスティングをつくることは可能です。70,000ドルの資金がなくても大丈夫。裏庭にベル型テントを張り、にぎやかに飾り付ければ、きっとうまくいくはず。
    Darrel, Airbnb Superhost,
    米ジョージア州アトランタ
    ユニークなリスティングのホスティングにご興味をお持ちですか?
    はじめる

    注目ポイント

    • こちらのスーパーホストは、ほかにはない個性的な宿泊先づくりの事業プランを立てました

    • ホストは森の中の物置小屋付きの宿泊施設を本格的なホスティングビジネスに変えました

    • デザインと独創性に焦点を当てたリスティングで、今では年間何千人ものゲストを迎え入れています

    • Airbnbでホスティングすると、楽しみながら充実感と安定した収入を得ることができます

    Airbnb
    2020年12月18日
    役に立ちましたか?

    ほかのトピックを見る