コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    そろそろリスティングの情報を更新しましょう。そのためのヒントをご紹介します

    近場の滞在や長期滞在をホスティングするヒント、情報の正確さが重要な理由について学びましょう。
    投稿:Airbnb2020年3月20日
    1分で読めます
    更新日:2021年4月28日

    注目ポイント

    • 完全ガイドで詳細をチェックして、新型コロナウイルス感染拡大による影響下でホスティングを継続する方法を学びましょう

    新型コロナウイルス感染拡大の影響により先の見えない状況が続く中、困難に直面されているホストのみなさまも多いことと存じます。また、学校閉鎖などにより日常生活に支障をきたしている方々にとっては、家庭と仕事を両立することがさらに難しくなっているように感じられるかもしれません。

    Airbnbでは、ホストのみなさまに状況の変化に適応いただけるよう、さまざまな方法を模索しています。その一環として、Airbnbプラットフォーム上の旅行トレンドの情報を有効活用できるようになる、ホスト向けの新しいツールの開発にも取り組んでいます。たとえば最近では、近場の長期滞在先の検索数が世界中で2倍以上に増えています。また、米国では宿泊期間が4週間から6週間の予約数が先週と比較して30%増えています。

    これらのゲストを引きつけるために、ホストが今すぐできることをご紹介します。

      月割と週割を追加しましょう。渡航制限の影響により、以前と比べて自宅からより近い場所にあり、長めに期滞できる宿泊先を探すゲストが増えることが予想されます。

      • そのためリスティングを編集する際は、長めの滞在予約に合わせて最適化できるよう、最大宿泊日数の設定調整や週割・月割の追加を促すポップアップが新しく表示されるようになりました。(週割や月割を提供しているホストは全体の半分にも満たないものの、割引を提供しているホストのほうが長めの宿泊予約をより多く獲得している傾向にあります。)
      • 複数のリスティングを管理するホストは、リスティングページからすべてのリスティングの設定を一括で調整することができます。

      リスティングのタイトルや説明文を更新して、ゲストの注目を引きましょう。その際、Airbnbのコンテンツガイドラインに沿っていることをお確かめください。中にはより広いスペースを必要とする方もいらっしゃいます。また、多くの方がお一人やご家族と過ごせるお部屋を探しています。

      • 学校閉鎖やリモートワークへの移行に伴い、いま宿泊予約を検討する方は、ビジネス向けやファミリー向けのリスティングを探すことが考えられます。写真を追加し、リスティングの説明文を見直すことで、お部屋がこれらのニーズに対応できていることを強調しましょう。
      • お部屋に高速Wi-Fiや使いやすいワークスペースがある場合や、お子様連れに最適の場合は、アメニティ・設備を更新し、明記しておきましょう。

      お部屋の説明に使う言葉は、これまで以上に慎重に選ぶ必要があります。以下に記載した「やるべきこと」と「やってはいけないこと」をご確認ください。ゲストにできる限り正確な情報を提供するため、Airbnbではこれらのルールを厳格に運用してまいりますので十分ご留意ください。

      やるべきこと:リスティングのタイトルを見直し、お部屋がステイケーション(近場の旅行)、在宅勤務の代替案、家族での滞在に最適であることがわかるようにする。
      やってはいけないこと:「新型コロナウイルスゼロ」または「隔離生活対応」としてお部屋を宣伝すること。Airbnbでは、リスティングのタイトルから「COVID-19」、「新型コロナウイルス」、「隔離」の文言を削除するようホストにお願いしています。

      やるべきこと:通常よりも入念に行っている清掃方法についてリスティングの説明文で強調する。リスティングが「新型コロナウイルスゼロ」であると主張することはできませんが、清掃方法に関する詳しい情報を記載することはできます。(例:「新型コロナウイルスに対応するため、頻繁に手が触れる箇所はゲストの入れ替わり時に細心の注意を払って消毒しています」)
      やってはいけないこと:手指用消毒剤やトイレットペーパーなどの必需品不足を利用し、ゲストを呼び込む。(例:「新型コロナウイルスの影響から逃れよう!トイレットペーパーをたくさんご用意しています!」)

      やるべきこと:ハウスルールまたはリスティングの説明文に、ゲストがリスティングに適しているかどうかを判断するためのスクリーニング用の質問を追加する。(例:「現在お住まいの地域で、新型コロナウイルスの影響による渡航制限はありますか?」)
      やってはいけないこと:現地の渡航勧告を無視するようゲストに促すこと。また、Airbnb.com/COVIDまたは地方自治体以外を情報源とする、健康、安全、渡航に関する注意・勧告の情報は共有しないでください。

      それまでの間、最新の旅行トレンド情報や、今後の旅行を検討しているゲストを引きつけるためのヒントを提供してまいります。ホストとして日々Airbnbコミュニティに貢献いただきありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      本記事の記載内容は、公開後に変更されている可能性があります。

      注目ポイント

      • 完全ガイドで詳細をチェックして、新型コロナウイルス感染拡大による影響下でホスティングを継続する方法を学びましょう
      Airbnb
      2020年3月20日
      役に立ちましたか?

      ほかのトピックを見る