コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    個室を提供するホスト向けの清掃スタンダード

    共用エリアがあるリスティングの清掃方法とゲストとの関わり方をご紹介します。
    投稿:Airbnb2020年7月15日
    1分で読めます
    更新日:2021年4月13日

    注目ポイント

    • すべての共用エリアでソーシャルディスタンスを確保できるよう、リスティング内のゲスト数を制限しましょう

    • 不要な接触を避けるため、ゲストが利用できるエリアを必要なお部屋のみに制限することをおすすめします

    • 可能であれば、ゲスト滞在中は共用エリアを換気しましょう

    • 清掃スタンダードについての完全ガイドで詳細をチェックしましょう

    個室または共用エリアのあるリスティングを提供しているホストは、特に新型コロナウイルスの感染拡大下での宿泊施設の清掃方法について、より多くのガイダンスを求めています。そこでAirbnbでは、新型コロナウイルス安全対策に加え、共用エリアや共有スペースのあるリスティングを提供するホスト向けのガイドラインをまとめました。

    すべての共用エリアを清掃・除菌する

    • 各ゲストのチェックイン前に、5段階の清掃スタンダードに従い、すべての共用エリアおよびゲスト用の個室を清掃・除菌してください
    • 共用エリアには次のような場所が含まれます。
      • バスルーム
      • ダイニングルーム
      • 玄関
      • 車庫
      • キッチン
      • ランドリールーム
      • リビング

    宿泊施設内のゲストの人数を制限する

    • ゲストとの間に社会的距離を確保し、ゲストにも同じようにすることを奨励しましょう
    • 必ずすべての共用エリアで社会的距離が確保できるようにしてください。たとえば、お互いから2メートル離れた状態を確保するには3人までしか入れない広さの共用のリビングルームがある場合、ホストとゲストが同時にリビングルームを使えるように、ゲストの受け入れを2人までに制限してください。
    • また、地方自治体がガイドラインで最大収容人数を定めている場合は、その人数以下になるようリスティングへの入室を制限する必要があります。
    • 新たに設けたゲスト人数の上限は、忘れずにリスティングページに反映させましょう

    ゲストが入れるエリアと入れないエリアを明確にする

    • バスルームが複数ある場合はそのうちの1つだけを使用可能にするなど、ゲストが入れるエリアを必要最低限に抑えるとよいかもしれません。そうすることで、ホストとゲストの不要な接触を避けることができ、チェックアウト後に清掃・除菌を必要とする箇所を減らせます。
    • ゲストの立ち入り範囲を明確にするには、事前にリスティングの説明文を更新しておくとよいでしょう。お部屋に案内を掲示して丁寧にお願いすることも可能です。
    • ホストが共用エリアを使わずに済む場合は、使用を控えます(たとえば、ホストの部屋に専用のバスルームがある場合は、ゲスト用バスルームの使用を避けるなど)

    健康・安全対策に従う

    • Airbnbの新型コロナウイルス安全対策の一環として、ゲストとホストは直接対面する際、フェイスマスクまたはフェイスカバーを着用する必要があります
    • ホストは、共用エリアでもマスクを常時着用してください
    • ゲストが寝泊まりを共有するスペース(寝室やリビングなど)では、特に注意して社会的距離を確保してください
    • 手をこまめに洗い、顔に触れないように常時心がけましょう
    • 新型コロナウイルスの感染者と最近接触があった場合、または感染症状が出ている場合は、旅行やホスティングをしないでください
    • 詳細は、Airbnbのホストとゲスト向けの健康・安全ガイドラインをお読みください

    ゲスト滞在中は共用エリアを換気する

    • 安全な場合は窓を開け、共用エリアを換気しましょう

    地域によっては、政府や自治体が個室でのホスティングに制限を設けていたり、追加の義務や要件を課していたりする場合がありますのでご留意ください。 リスティングの所在地を管轄する政府・自治体や保健当局から出されている追加の清掃ガイダンスも必ず確認し、従ってください。

    次の記事:必要な清掃用品を備えておきましょう

    本記事の記載内容は、公開後に変更されている可能性があります。5段階からなる清掃スタンダードには、リスティングの清掃に必要となる簡単な手順が記載されています。清掃手順の実施方法について詳しくは、Airbnbの清掃ハンドブックをご一読ください。ホストは、ホストご自身、チームおよびゲストの安全を守るため、追加的な措置を講じなければならない場合があります。また、関連する地域の法律やガイドラインを常時確認し遵守する必要があります。清掃スタンダードに従ったことにより生じたいかなるケガ、あるいは病気に対しても、Airbnbは責任を負いません。リスティング所在地の清掃スタンダードと規則については、こちらのヘルプセンターの記事をブックマークに登録してご確認ください。

    注目ポイント

    • すべての共用エリアでソーシャルディスタンスを確保できるよう、リスティング内のゲスト数を制限しましょう

    • 不要な接触を避けるため、ゲストが利用できるエリアを必要なお部屋のみに制限することをおすすめします

    • 可能であれば、ゲスト滞在中は共用エリアを換気しましょう

    • 清掃スタンダードについての完全ガイドで詳細をチェックしましょう
    Airbnb
    2020年7月15日
    役に立ちましたか?

    こちらもおすすめ

    こちらもおすすめ

    ほかのトピックを見る