洪水

Deutschland, Belgique & Nederlandの緊急宿泊施設を探す

避難中の方々や復旧活動に従事する救援ワーカーは、2021年7月19日2021年8月2日の期間、オープンホームを通じて無料の宿泊施設を予約できます。
洪水

Deutschland, Belgique & Nederlandの緊急宿泊施設を探す

避難中の方々や復旧活動に従事する救援ワーカーは、2021年7月19日2021年8月2日の期間、オープンホームを通じて無料の宿泊施設を予約できます。

洪水(西ヨーロッパ)

Airbnb.orgは、災害の影響を受けた方々を、滞在先を無償で提供しているホストにおつなぎします。2012年以来、何千人もの方々がオープンホームのプログラムに参加してきました。

宿泊先の予約方法は?

いくつか質問にお答えください
始めるには、Airbnbアカウントが必要です。ログインが完了しましたら、ご自身のことや、どのような影響を受けたかについていくつか質問させていただきます。ご回答を確認し、通常24時間以内に折り返しご連絡いたします。
いくつか質問にお答えください
始めるには、Airbnbアカウントが必要です。ログインが完了しましたら、ご自身のことや、どのような影響を受けたかについていくつか質問させていただきます。ご回答を確認し、通常24時間以内に折り返しご連絡いたします。
検索を始める
承認されると、無料で利用できるリスティングにアクセスできるようになります。ご希望に合う宿泊先が見つかったら、ホストに問い合わせてみましょう。
検索を始める
承認されると、無料で利用できるリスティングにアクセスできるようになります。ご希望に合う宿泊先が見つかったら、ホストに問い合わせてみましょう。
こんにちは。自宅から避難する必要があり、宿泊先を探しています。2人の子どもを連れて行きます。
到着は何時ごろになりますか?
宿泊を確認する
予約の承認前にホストからさらに質問がくる場合があります。また、予約確定前に数人のホストに連絡する必要があるかもしれません。
こんにちは。自宅から避難する必要があり、宿泊先を探しています。2人の子どもを連れて行きます。
到着は何時ごろになりますか?
宿泊を確認する
予約の承認前にホストからさらに質問がくる場合があります。また、予約確定前に数人のホストに連絡する必要があるかもしれません。

洪水

一時避難場所をお求めの方々に空いているお部屋を無償提供しましょう。

お部屋を提供する
洪水

一時避難場所をお求めの方々に空いているお部屋を無償提供しましょう。

お部屋を提供する

ホストに必要なもの

あとはゲストに温かな安らぎの空間を提供し、何か困ったことがあれば相談に乗ることです。
  • まるまる貸切できる家/マンション・アパート
  • 快適なベッド
  • 基本のアメニティ・設備、洗面化粧品
  • 2泊以上の予約可能状況

ホストに必要なもの

あとはゲストに温かな安らぎの空間を提供し、何か困ったことがあれば相談に乗ることです。
  • まるまる貸切できる家/マンション・アパート
  • 快適なベッド
  • 基本のアメニティ・設備、洗面化粧品
  • 2泊以上の予約可能状況

Airbnb.orgの足跡をチェック

2012年以来、何千人ものホストの方々がお部屋を開放してきました。
自宅と呼べる場所が欲しい気持ちはみな同じです。 清潔で、心から歓迎され、安全を実感できる場所。
Juanさん&Bobさん
ハリケーン「マイケル」中にホストする
自宅と呼べる場所が欲しい気持ちはみな同じです。 清潔で、心から歓迎され、安全を実感できる場所。
Juanさん&Bobさん
ハリケーン「マイケル」中にホストする

Airbnbのサポート体制

24時間365日対応の電話サポートとリソース
お困りの際はおまかせください。Airbnbカスタマーサポートチームが24時間365日体制で対応するほか、Airbnb.orgの予約に関するお問い合わせは専門チームが承ります。
建物や家財の損害補償
不慮の損害は滅多にないこととはいえ、万一の備えは必要です。 建物や財物の損壊はホスト保証で最高1,000,000米ドルまで補償します。全ホストに自動付帯。
事前のスクリーニングとチェック
どんなスクリーニングシステムも完璧ではありませんが、Airbnbでは世界規模で当社と直接予約を行う予約代行スタッフとゲストの情報を取引規制、テロリスト、制裁国の対象者リストと照合し、安全管理の徹底に努めています。
24時間365日対応の電話サポートとリソース
お困りの際はおまかせください。Airbnbカスタマーサポートチームが24時間365日体制で対応するほか、Airbnb.orgの予約に関するお問い合わせは専門チームが承ります。
建物や家財の損害補償
不慮の損害は滅多にないこととはいえ、万一の備えは必要です。 建物や財物の損壊はホスト保証で最高1,000,000米ドルまで補償します。全ホストに自動付帯。
事前のスクリーニングとチェック
どんなスクリーニングシステムも完璧ではありませんが、Airbnbでは世界規模で当社と直接予約を行う予約代行スタッフとゲストの情報を取引規制、テロリスト、制裁国の対象者リストと照合し、安全管理の徹底に努めています。

よくある疑問

Airbnb.orgとは?

Airbnb.orgは、公的に支援を受ける独立した非営利団体として、ほかのさまざまな非営利団体と連携し、緊急事態の発生時に滞在先を提供します。

2012年以来、オープンホームと医療・救護従事者向け宿泊先提供プログラムを通し、Airbnbは地域コミュニティと共に支援を必要とする方々をお手伝いしてまいりました。この度Airbnbでは、これまでの取り組みを土台とし、より多くの方々を支援すべく、独立した団体であるAirbnb.orgを設立します。

Airbnb.orgは独立した理事会を持つ独立した団体で、米国内国歳入法典第501条c項3号の規定に基づき課税免除が認められた公共慈善団体です。内国歳入法典第501条c項3号に基づく非営利団体への寄付金は、税控除の対象となる場合があります。

AirbnbはAirbnb.orgの運営費を負担していますので、コミュニティのみなさまのご寄付は緊急時に支援を必要とする方々への滞在先提供に確実に活用されます。

,

Airbnb.orgがもたらす影響

Airbnb.orgの支援対象ならびにAirbnbコミュニティへの影響については、こちらをご覧ください。Airbnb.orgの最初の年次寄付報告書は2021年末までに発行いたします。

,

Airbnb.orgの支援

Airbnbコミュニティのみなさまは、ホスティングまたは寄付によりAirbnb.orgを支援することができます。ホストは、Airbnb.orgを通じて滞在先を無償で提供するか、各受取金から一定の割合を寄付するかを選べます。ご支援くださるホストのプロフィールにはAirbnb.orgサポーターバッジが表示されます。Airbnb.orgへの1回限りのご寄付は、どなたでも常時行うことができます。

Airbnb.orgを通じて滞在先を提供する方法および受取金から寄付する方法の詳細をご覧ください。

Airbnb.orgを通じた緊急滞在先のホスティング

Anyone with an entire home or apartment to offer can host emergency stays for people in times of crisis through Airbnb.org. In some locations, shared rooms and private rooms are also eligible for the program. This is dependent on advice from local authorities related to the spread of COVID-19.

The listings available on the site are as diverse as the Hosts who list them. Find out more about home types to see how to describe your space.

Like all Hosts on Airbnb, Hosts offering emergency stays through Airbnb.org must meet our hospitality standards, which include accurately representing your listing and availability, as well as providing a safe, secure, and clean space for guests. All Hosts and guests are required to uphold Airbnb’s community standards.

Airbnb.orgを通じた緊急滞在先の利用要件

In the aftermath of a disaster, there is often a critical need for emergency housing.

Airbnb.org currently supports:

  • People impacted by an emergency and relief workers responding in an official capacity
  • Refugees and asylum seekers

If you’re eligible and need emergency housing, find out how to book an emergency stay through Airbnb.org.

,,

Disaster relief

In some instances following an emergency, Airbnb.org activates a platform which allows local Hosts to offer their space for free to those impacted.

When the platform is activated, people impacted by the disaster can submit a request for emergency housing through a dedicated website for the event.

Guests need to provide proof of permanent or local travel address and their information will be reviewed by Airbnb.org or its service providers before they can book.

After Airbnb.org verifies their eligibility, they may book a free stay offered by Hosts via Airbnb.org.

To be eligible for an Airbnb.org stay as a relief worker, guests must be referred to the program by an official partner of Airbnb.org.

Refugee housing

There are many barriers for people who are trying to rebuild their lives in a new place. Before settling into permanent housing, refugees and asylum seekers need to finalize paperwork, search for jobs, and find a temporary place to stay.

To be eligible for an Airbnb.org stay as a refugee or asylum seeker, guests must be referred to the program by an official partner of Airbnb.org.

All guests eligible for refugee housing have the legal status of a recognized refugee entitled to international protection as determined by the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) and/or have begun the process of seeking asylum in the country where they currently reside.

,
Airbnb.orgを通じて緊急滞在先を予約する方法

In order to book an emergency stay through Airbnb.org, you must meet eligibility requirements and be approved.

,,

Applying for a stay

Disaster relief

In some instances following a disaster, Airbnb.org activates a platform which allows local Hosts to offer their space for free to those impacted. When the platform is activated, people in crisis can request emergency housing through a dedicated website for the event.

If you have been impacted by a disaster

If emergency housing is available through Airbnb.org, you’ll see an article in Airbnb’s Press Room with information about the event and a link where you can submit a request.

You’ll need to log into or create an Airbnb account, confirm your address, answer a few questions, and agree to Airbnb's Community Standards and the Airbnb Terms of Service.

After you submit your request

We may get in touch to check on additional details. We aim to review all submissions within 24 hours. If we can’t verify your information or it doesn’t meet our eligibility criteria, we’ll send you an email to let you know.

Relief workers

Relief workers must be referred by an Airbnb.org nonprofit partner, as it’s not possible for individuals to apply for relief worker housing.

Refugee housing

To be approved for refugee housing, you must be referred by a nonprofit partner. Learn more about the nonprofits that Airbnb.org partners with on Airbnb.org.

Booking a stay

If you’re approved, you'll receive an email inviting you to browse available Airbnb.org stays. Here are a few tips to keep in mind:

  • Read the email invitation carefully. It’ll outline how to book a stay and the dates for which you can book.
  • Make sure the place is a good fit. Check the listing details—number of bedrooms, amenities, and photos.
  • Make sure your stay meets the program requirements. If it doesn’t, it'll be canceled according to the Host's cancellation policy.
  • Need more info? If you have any questions, click or tap Contact host on the listing page.
,
Airbnb.orgサポートへのお問い合わせ

We’re here for you. Airbnb Support Ambassadors are available 24/7, with a dedicated team that specialises in Airbnb.org issues. Contact us 

If you feel unsafe during a stay

In an emergency or if your personal safety is threatened during a stay, contact local police or emergency services right away.

If you need help from Airbnb with a safety concern, contact our Trust and Safety team.

Here are some safety tips for Hosts and guests.