コンテンツにスキップ
山火事

Los Angeles County and San Bernardino Counties, Californiaの緊急宿泊施設を探す

避難中の方々や復旧活動に従事する救援ワーカーは、2020年9月16日2020年9月30日の期間、オープンホームを通じて無料の宿泊施設を予約できます。
山火事

Los Angeles County and San Bernardino Counties, Californiaの緊急宿泊施設を探す

避難中の方々や復旧活動に従事する救援ワーカーは、2020年9月16日2020年9月30日の期間、オープンホームを通じて無料の宿泊施設を予約できます。

Airbnbのオープンホームプログラムとは?

Airbnbオープンホームは、無償で宿泊施設を提供しているホストを被災者の方々に紹介するプログラムです。2012年以来、何千人もの方々がこのプログラムに参加してきました。

宿泊先の予約方法は?

いくつか質問にお答えください
始めるには、Airbnbアカウントが必要です。ログインが完了しましたら、ご自身のことや、どのような影響を受けたかについていくつか質問させていただきます。ご回答を確認し、通常24時間以内に折り返しご連絡いたします。
いくつか質問にお答えください
始めるには、Airbnbアカウントが必要です。ログインが完了しましたら、ご自身のことや、どのような影響を受けたかについていくつか質問させていただきます。ご回答を確認し、通常24時間以内に折り返しご連絡いたします。
検索を始める
承認されると、無料で利用できるリスティングにアクセスできるようになります。ご希望に合う宿泊先が見つかったら、ホストに問い合わせてみましょう。
検索を始める
承認されると、無料で利用できるリスティングにアクセスできるようになります。ご希望に合う宿泊先が見つかったら、ホストに問い合わせてみましょう。
こんにちは。自宅から避難する必要があり、宿泊先を探しています。2人の子どもを連れて行きます。
到着は何時ごろになりますか?
宿泊を確認する
予約の承認前にホストからさらに質問がくる場合があります。また、予約確定前に数人のホストに連絡する必要があるかもしれません。
こんにちは。自宅から避難する必要があり、宿泊先を探しています。2人の子どもを連れて行きます。
到着は何時ごろになりますか?
宿泊を確認する
予約の承認前にホストからさらに質問がくる場合があります。また、予約確定前に数人のホストに連絡する必要があるかもしれません。

山火事

Los Angeles County and San Bernardino Counties, Californiaで緊急宿泊施設を提供する

被災者や復興支援活動に従事する救援ワーカーの方々に空いているお部屋を無償提供しましょう。
山火事

Los Angeles County and San Bernardino Counties, Californiaで緊急宿泊施設を提供する

被災者や復興支援活動に従事する救援ワーカーの方々に空いているお部屋を無償提供しましょう。

ホストに必要なもの

あとはゲストに温かな安らぎの空間を提供し、何か困ったことがあれば相談に乗ることです。
  • まるまる貸切できる家/マンション・アパート
  • 快適なベッド
  • 基本のアメニティ・設備、洗面化粧品
  • 2泊以上の予約可能状況

ホストに必要なもの

あとはゲストに温かな安らぎの空間を提供し、何か困ったことがあれば相談に乗ることです。
  • まるまる貸切できる家/マンション・アパート
  • 快適なベッド
  • 基本のアメニティ・設備、洗面化粧品
  • 2泊以上の予約可能状況

利用方法

ホストとゲストは、オープンホームの感想をシェアします。
自宅と呼べる場所が欲しい気持ちはみな同じです。 清潔で、心から歓迎され、安全を実感できる場所。
Juanさん&Bobさん
ハリケーン「マイケル」中にホストする
自宅と呼べる場所が欲しい気持ちはみな同じです。 清潔で、心から歓迎され、安全を実感できる場所。
Juanさん&Bobさん
ハリケーン「マイケル」中にホストする

Airbnbのサポート体制

24時間365日対応の電話サポートとリソース
お困りの際はおまかせください。 Airbnbカスタマーサポートチームが24時間365日対応し、オープンホームの予約に関するお問い合わせは専門の担当チームが承ります。
建物や家財の損害補償
不慮の損害は滅多にないこととはいえ、万一の備えは必要です。 建物や財物の損壊はホスト保証で最高1,000,000米ドルまで補償します。全ホストに自動付帯。
事前のスクリーニングとチェック
どんなスクリーニングシステムも完璧ではありませんが、Airbnbでは世界規模で当社と直接予約を行う予約代行スタッフとゲストの情報を取引規制、テロリスト、制裁国の対象者リストと照合し、安全管理の徹底に努めています。
24時間365日対応の電話サポートとリソース
お困りの際はおまかせください。 Airbnbカスタマーサポートチームが24時間365日対応し、オープンホームの予約に関するお問い合わせは専門の担当チームが承ります。
建物や家財の損害補償
不慮の損害は滅多にないこととはいえ、万一の備えは必要です。 建物や財物の損壊はホスト保証で最高1,000,000米ドルまで補償します。全ホストに自動付帯。
事前のスクリーニングとチェック
どんなスクリーニングシステムも完璧ではありませんが、Airbnbでは世界規模で当社と直接予約を行う予約代行スタッフとゲストの情報を取引規制、テロリスト、制裁国の対象者リストと照合し、安全管理の徹底に努めています。

よくある疑問

オープンホームとは?

オープンホームは、困ったときはお互い様の精神で、無償でお部屋を貸す人と借りる人をつなぐプログラムです。 ことのはじまりは2012年、 米東海岸を襲ったハリケーン・サンディ。帰る家を失った方々にニューヨーク市内のAirbnbホストの有志がお家を自主的に開放し、 そのムーブメントに感動したAirbnbによって、オープンホームはAirbnbの正式なプログラムとなりました。

今では被災された方々のほかにも、救援ワーカー、医療滞在、難民、亡命で一時滞在先にお困りの方々も支援しています。 プログラムの開発にあたっては、大手国際NGOのマーシー・コープス、国際救済委員会(IRC)、骨髄移植&がん研究財団など、信頼性の高い非営利団体と提携して進めました。各団体の支援対象者の代理で一時宿泊施設を手配する業務もお願いしています。

オープンホームでゲストが負担する料金は常に無料です。 オープンホームコミュニティに登録し、オープンホームでお部屋を無償提供するホストの方もいます。 無償宿泊支援にお部屋を登録されていない方にも、オープンホームの予約が入ることはありますが、その場合はリスティングの通常通りのお支払いが届きます。 これらの予約についてはAirbnbも、サービス料を全額免除とさせていただいております。

オープンホームのホスト要件は?

Open Homes hosts have many of the same expectations as regular Airbnb hosts. Hosts must meet Airbnb’s hospitality standards, which include accurately representing your listing and availability, as well as providing a safe, secure, and clean space for guests. All hosts and guests are required to uphold Airbnb’s community standards.

Almost anyone can sign up to be an Open Homes host. The listings available on the site are as diverse as the hosts who list them, and you can post shared spaces, private rooms, or entire homes. Find out more about home types to see how to describe your space.

Sometimes a staff member from one of our nonprofit partners will book on behalf of their client and may have additional requests based on their client’s needs. In these cases, the nonprofit staff member will communicate with the host ahead of time to make sure your space is a good fit.

,
オープンホームで泊まれる対象者は?

Open Homes provides free places to stay for people in times of need. The program supports evacuees, relief workers, medical patients and their caregivers, refugees, and asylum seekers.

If you’re a guest in need of emergency housing, learn more about how to book an Open Homes stay. Check this article and the Open Homes page regularly to find the most current programs and eligibility requirements, which are subject to change.

Disaster relief

In the aftermath of a disaster, there is a critical need for emergency housing. In this instance, people impacted by the disaster, including relief workers, have the ability to submit their request for housing to Airbnb. After verification, they may book an Open Homes listing directly for themselves.

To be eligible for emergency housing, guests must reside in the impacted area or be a relief worker responding in an official capacity. Both permanent residents and travelers with a confirmed hotel or rental reservation are eligible. Guests are required to provide proof of address or confirmation of employment during the application process. Once they submit their application, their information will be reviewed by Airbnb or its vendors before they can book.

Learn more about Disaster relief stays.

Medical stays

Every day, people travel far from home for medical treatment. They may be receiving care, supporting a patient, or healing with family during a difficult time. In this instance, guests can book an Open Homes reservation directly for themselves, or a staff member from a nonprofit organization may book the reservation on their behalf.

In order to book, guests must be referred by a nonprofit partner. Each nonprofit has their own set of eligibility criteria for guests.

Learn more about Medical stays.

Refugee housing

There are many barriers for people who are trying to rebuild their lives in a new place. Before settling into permanent housing, refugees and asylum-seekers need to finalize paperwork, search for jobs, and find a temporary place to stay. In this instance, a staff member from a nonprofit will book an Open Homes reservation on behalf of the guest. All guests have the legal status of a recognized refugee entitled to international protection as determined by the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) and/or have begun the process of seeking asylum in the country where they currently reside.

Learn more about Refugee housing.

,
オープンホームの宿泊先を予約するには?

Open Homes provides free places to stay for people in times of need. In order to book an Open Homes stay as a guest, you must meet eligibility requirements and be approved.

Applying for a stay

Disaster relief

If you've been impacted by a disaster and are in need of emergency housing, go to our Disaster Relief page to find events that qualify for an Open Homes stay. If you can't ind the event that you've been impacted by, free stays are not currently available.

Once you find an event, log into or create an Airbnb account to confirm your address. You’ll need to answer a few questions and agree to our Community Standards and the Airbnb Terms of Service.

After you submit your request, we may call you to check on additional details. If we can’t verify your information or it doesn’t meet our eligibility criteria, you’ll receive an email within 24 hours.

Medical stays or refugee housing

To be approved for a Medical stay or Refugee housing, you must be referred by a nonprofit partner. It isn't possible to apply for an Open Homes Medical stay or Refugee housing as an individual at this time. 

Learn more about the nonprofits that we partner with on the Open Homes page.

Booking a stay

If you’re approved, you'll receive an email inviting you to browse available stays. Here are a few tips to keep in mind:

  • Read all of the information in the email invitation. It will tell you more about what kind of stay you can book.
  • You may need to book your stay within certain dates. Make sure to refer to your email invitation for this information.
  • Check the listing details, like number of bedrooms and amenities, as well as the photos to confirm a place is a good fit. If you have any questions, reach out to the host by clicking or tapping Contact host on the listing page.
  • Make sure your stay is booked for the purpose defined by each program. If a stay doesn’t meet the program requirements, it'll be canceled according to the host’s cancellation policy.

    ,
    オープンホームのゲスト受け入れ準備のコツは?

    オープンホームで無償宿泊提供に登録済みの方も、オープンホームの予約リクエストを受け取った方も、宿泊受け入れ準備では次の点に気をつけましょう。

    • クリアな意思疎通が大事
    • 先方のニーズを把握し、より快適な滞在のために何ができるか聞き出します。
    • Airbnbの通常のゲストと異なり、オープンホームのゲストは予想せぬ惨事で帰宅困難になっているケースも多いのが特徴です。 反応もニーズも人それぞれですので、それを忘れないように。
    • すぐ連絡がつく、話しかけやすい雰囲気づくり
    • チェックアウト時間と手順は前もってゲストに説明しておきます。 退去時に清掃が必要なら、そのルールも盛り込みます。

    オープンホームの宿泊とひと口に言っても、受け入れの実態は、支援プログラムの種別によって異なります。 非営利団体が代理予約するゲストの多くは、滞在中ずっと団体スタッフの一貫サポートを受けます。 詳しくは、下記のAirbnbの各専用ページをご参照ください。

    Airbnbのホスティングの基準も併せてご確認ください。

    オープンホームのサポートに問い合わせるには?

    A dedicated support team is available to all hosts, guests and nonprofit partners for issues and questions related to Open Homes reservations 7 days a week, from 9am to 5pm Pacific Standard Time. Contact us by emailing openhomessupport@airbnb.com. Airbnb’s community support specialists are also available 24 hours a day, 7 days a week.

    What to do if you feel unsafe during a stay

    If you encounter an emergency situation, or if your personal safety is threatened during a stay, contact local police or emergency services immediately.

    If you need help from Airbnb with a safety concern, contact our Trust and Safety team.

    Before the start of the stay, you can also read our safety tips.