コンテンツにスキップ
お困りの方々にお部屋を提供しましょう
善意あるホストのコミュニティに参加しよう お困りの方々に空いている一時宿泊施設を無償で提供しましょう。
お困りの方々にお部屋を提供しましょう
善意あるホストのコミュニティに参加しよう お困りの方々に空いている一時宿泊施設を無償で提供しましょう。

オープンホームのホストが一時的に受け入れたゲストの数が通算30,000人を超えました。

山火事で新居を失った新婚夫婦、がんで転地療養が必要な方々、戦火で祖国を追われたファミリー。「オープンホーム」はそんな苦境に立つ方々にホスト有志が一時宿泊施設を無償で提供できるプログラムです。

ホスティングの流れ

1
プロフィールを作成
お部屋の内容とホストを希望する理由をお聞かせください
2
リクエストを待つ
非営利団体または被災者からメッセージが届きます
3
受け入れ準備を整えます
日付に合意し、事前に期待事項を設定します

ホスティング方法

医療滞在

治療や回復が必要な方々にお家をシェアしましょう

こちらのゲストは、治療やリスパイトケアを受ける期間中に滞在する場所を必要としています。 滞在を手配するのは、必要な治療を受けられるよう患者の方々を支援するNPOのスタッフです。
難民の一時避難施設

温かく迎え入れて、新生活を応援しましょう

こちらのゲストは通常、新天地に引っ越し、地域社会に溶け込むことを望んでいます。 滞在は、クライアントに代わって難民支援団体がコーディネートします。
災害支援

地域コミュニティの災害対応プランに参加しましょう

こちらは山火事、ハリケーンなどの被災地で帰宅困難になった方たちを支援する活動です。 現場で災害復旧活動に従事するワーカーもゲストに含まれます。

Airbnbのサポート体制

「自分に務まるだろうか…」と、任が重く感じられれるかもしれません。 少しでもそんな不安を和らげるため、滞在中と滞在前のご支援と補償には万全を期しています。
事前のスクリーニングとチェック
どんなスクリーニングシステムも精度100%とはいきませんが、Airbnbでは世界一円で予約代行スタッフとゲストの情報を取引規制、テロリスト、経済制裁対象者リストと照合し、安全管理の徹底に努めています。
建物や家財の損害を補償
破損は滅多にないこととはいえ万一の備えは必要です。建物や財物の破損時には「日本ホスト保険」でホスト1人最高$1,000,000 USDまでの補償を提供いたします。
ゲストの要件と本人確認
非営利団体スタッフや宿泊先にお困りの方々は、滞在前にAirbnbアカウントを作成する必要があります。 その際、氏名、生年月日、写真、電話番号、メールアドレス、お支払い情報などの情報の入力が求められます。
24時間365日対応の電話サポートとリソース
お困りのときにはおまかせください。 お困りのときにはAirbnbカスタマーサポートチームが24時間365日対応し、オープンホームの予約に関するお問い合わせは専門の担当チームが承ります。

私たちのパートナー

Airbnbは信頼性の高い諸団体と提携を結び、各コミュニティの実情を踏まえた最適なご支援方法の把握に努めています。 これらの非営利団体がオープンホームを利用してクライアントの宿泊先を探し、滞在受け入れ中のホストへのサポートにも協力しています。
オープンホームにご協力いただける非営利団体におかれましては、 ぜひ弊社までご連絡ください

より自分らしく、新しい方法で恩返しをするコミュニティの一員になりませんか。

ご質問はございますか?
回答はヘルプセンターで検索、またはopenhomessupport@airbnb.comまでお問い合わせください。
ヘルプセンターはこちら