コンテンツにスキップ
おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    リスティング内の防犯カメラやその他の記録装置に関するAirbnbのルールを教えてください。

    Airbnbの基準とルールでは、お互いのプライバシーを尊重するようすべてのAirbnbコミュニティメンバーに義務づけています。より具体的には、リスティングに設置するすべての防犯・監視カメラおよびその他の録画・録音機器に関する開示をホストに義務づけ、特定のプライベートな空間(寝室、トイレ、浴室など)の内部、またはこれらの空間内の様子や音声を録画・録音できる場所に、防犯・監視カメラおよびその他の録画・録音機器を設置することを、開示の有無に関わりなく全面禁止としています。また、録画・録音機器を故意に隠して設置すること(隠し防犯・監視カメラなど)は、決して許可されません。

      ホストに対するルール

      リスティング内部または周辺に防犯・監視カメラなど何らかの録画・録音機器を設置しているホストは、たとえ機器の電源が切れているか接続されていない場合も、「健康・安全」「留意事項」のセクションに録画・録音機器の存在を明記する必要があります。また、ゲストの監視方法や、これらの機器が作動しているかについても開示する必要があります。予約確定後に録画・録音機器に関する情報を開示し、ゲストがキャンセルを希望した場合には、全額返金が適用されます。その場合、ホストによるキャンセルに伴うペナルティが課されることがあります。防犯・監視カメラと録画・録音機器に関する情報の開示方法をご確認ください。中国本土のリスティングには異なるルールが適用されます。

      ゲストに対するルール

      ゲストによる他者をのぞき見・盗聴する行為やプライバシー侵害行為は、Airbnbの基準とルールで固く禁じられています。本人の同意なしに、ゲストが防犯・監視カメラまたはその他の録画・録音機器を使い、リスティング内でホストや第三者の行動を監視することは、Airbnbのポリシーに違反します。防犯・監視カメラやその他の録画・録音機器の使用については、Airbnbのメッセージ機能を使って先方と話し合うことをおすすめします。

      上記のポリシーに違反した場合、Airbnbコミュニティからの退会処分または一時利用停止処分となる場合があります。また、防犯・監視カメラやその他の録画・録音機器をご使用の際には、地域の法規則に違反しないことをお確かめください。

      防犯・監視カメラや録画・録音機器とみなされるもの

      音声、映像、静止画像の記録や送信ができる機器にはすべて上記の規約が適用されます。これにはWi-Fiカメラ(Nest Cam、Dropcamなど)、ベビーシッター監視用カメラ、パソコンのウェブカメラ、ベビーモニター、設置型または備え付け型の監視システム、騒音計、デバイスモニター、動画撮影・録音機能付きスマートフォンなどが含まれますが、この限りではありません。

      必要なサポートは受けられましたか?

      関連記事