おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    家主にホスティングのことをどう説明すべき?

    Airbnbのホスティングについてビル管理者や住宅オーナーと話し合う際には、共通理解を図るために次の点に留意しましょう。

    規則と規制を把握

    ホスティングをはじめるにあたっては、適用される契約・規則の事前確認が欠かせません。たとえばリース契約、コンドミニアム理事会規則、集合住宅管理規則、住宅所有者組合(HOA)規則、入居者団体の規則など。 特に宿泊の受け入れ、サブリースの規則には注意を払い、何か不明な点があれば関係各位に直接尋ねてみましょう。

    上記の規則のことは必ずお部屋を掲載する前に把握し、遵守していただくようお願いします。 すでにお部屋を掲載されている場合も、上記の規則とその他の州・都道府県・市町村の法令を今一度お確かめになり、遵守の徹底をお願いします。

    第一印象をよくするポイント

    自分がどんな人間かを知ってもらい、お部屋のケアを怠っていないところをアピール。Airbnbに掲載を希望する理由も伝えましょう。

    • 自己紹介をし、Airbnbに掲載を思い立った動機をご説明します。 直接お会いできない場合は、メッセージを送りましょう。
    • 住宅、ビルのケア、近隣のみなさまへの配慮をしっかり考えていることを態度で示します。 お家の中をご案内したり、写真をお見せしてもいいでしょう。

    Airbnbの安全対策を説明

    Airbnbが信頼で成り立つコミュニティであり、$1,000,000のホスト保証$1,000,000のホスト補償保険など、信頼と安全を高める制度も充実していることを説明します。 Airbnbでは、米国在住ゲストについては可能な限り定期的なバックグラウンドチェックも行っています。

    全員納得のルールを作る

    一緒に、宿泊のスケジュールと進め方のガイドラインを決めましょう。 ホストとして誠意ある対応を示せば、掲載を認めてもらえる確率も高まります。

    • 宿泊頻度を取り決める
    • 1回あたりの宿泊人数の上限を決める
    • 住宅・ビルの使用上のルールを毎回ゲストに伝え、 リスティングに記載されたハウスルールのページをビル管理者や住宅オーナーに見せる
    • ゲストに緊急通報用電話番号、非常口・避難経路の地図を配布

    ご近所への配慮も忘れずに

    通報窓口

    全関係者に情報を共有する

    なんの予告もなく大勢の方が泊まりにくるとビル管理サイドもびっくりしてしまいますので、宿泊予約の日程は事前にお伝えしておきましょう。 日程があらかじめわかれば、ホスティングに対する抵抗感もきっと和らぐはず。 ゲストさえOKなら、宿泊予定者の氏名やAirbnbのプロフィールを教えるのもよいでしょう。宿泊する方の顔がわかるとさらに安心感が高まります。

    Airbnbフレンドリービルディングスプログラムについて話す

    「Airbnbフレンドリービルディングスプログラム」は、Airbnbに掲載する際にホストが守るべき規則を定め、ビル管理者との同意事項を更新できるプログラムです。 ホスティング収入の一部をビル管理者とシェアし、ビルの管理組合費や修理費に充てる利益分配契約も可能です。プログラムの詳細は、よくある質問をご覧になるか、こちらのフォームから資料請求できます。

    質問する&自信を持つ

    Airbnbの掲載を断られたときには、勇気を振り絞って理由を質問してみましょう。 もしかしたら対処できる問題かもしれませんし、Airbnbについて説明を尽くせば理解を得られることもあります。また、フレンドリービルディングスプログラムの導入をおすすめすれば、パートナーとしてお力になってくれるかもしれません。

    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事