コンテンツにスキップ
主なヘルプ記事にジャンプ

Airbnbでホスティングを始める前に、法律や規制の面で気を付けるべきことは何ですか?

Airbnbでホストを始めるかどうかを決める際には、お住まいの地域の法令を理解することが重要です。

自治体によっては、短期宿泊を有料で受け入れる営業は法律で規制されていることもあり、 その具体的な規則は都市計画法の一部や条例に含まれているケースも多く見受けられます。 宿泊施設の掲載や宿泊の受け入れに際しては、事前に登録や許可、免許取得が必要な自治体も多数あります。 また、特定種別の短期宿泊の営業を全面的に禁止している地域もあります。 違反取り締まり体制は各自治体によって大きく異なり、 罰金その他の処罰の対象となることもあります。

一般の方にはわかりづらいルールもありますので、 Airbnbでは世界各国の行政と連携しながらルールの不明点を一掃し、誰にでも明快にわかる法体系の整備を推進しています。

一部の地域においては、Airbnbがホストの地方宿泊税の算出、回収、納税を代行しています。 宿泊税の算出方法も自治体ごとに異なりますので、なるべく早く世界中のホストに代行処理のメリットをお届けできるよう、対象を拡大中です。

当面は、Airbnbにお部屋を掲載する際にはご自身の責任において地域の適用法をご確認いただきますようお願いします。 詳しくは「ホストの責任」ページの「お住まいの市町村の法令」の欄をご覧ください。

Airbnbサービス利用規約に同意しリスティングを掲載することで、地方の法令を遵守することに同意したとみなされます。