おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    防犯・監視カメラおよび録画・録音機器の使用

    ホストとゲスト双方に安心していただけるよう、防犯・監視カメラや騒音監視装置などのセキュリティ対策は、リスティングの説明文に明確に記載され、他者のプライバシーを侵害しない場合に限り許可されます。機器に関するルールは、すべてのカメラ、録画・録音機器、スマート機器、および監視装置に適用されます。

    Airbnbで許可されていること

    • 設置の事実が開示されている、公共スペースや共有スペースのみを対象とした監視機器:公共スペース(例:玄関、私道)または共有スペースのみを表示または監視し、明確に位置が確認でき、予約前に設置の事実が開示されている機器は許可されています。共用スペースには寝室やバスルームは含まれません。

    Airbnbで禁止されていること

    • 共用スペースを監視する隠しデバイスおよび非開示デバイス:共用スペースを監視するデバイスはすべて、目に見える方法で設置し、リスティングの説明文に開示する必要があります。
    • ゲスト専用スペースに設置された機器または監視する機器:ゲスト専用スペース(たとえば、寝室、バスルーム、ソファベッドのあるリビングなど、寝室として使用されている共用スペースなど)への監視機器の設置は禁止されています。デバイスの電源が切られていて、その旨をゲストに積極的に開示している場合に限り、デバイスの設置が許可されています。
    • まるまる貸切のリスティングやマンション・アパート内の録画・録音機器(中国本土のみ):「リゾート」「城」「ヴィラ」に分類される宿泊施設の共用スペースに設置され、明確に位置がわかり、開示されている場合を除き、まるまる貸切のリスティングやマンション・アパートでのカメラや録画・録音機器の設置は禁止されています。詳しくは、中国本土でのルールをご確認ください。

    サポートはおまかせください

    ご自身または誰かの身に危険を感じる場合は、直ちに地域の警察当局に助けを求めてください。また、Airbnbのポリシーに違反する行為を目撃または経験した場合は、Airbnbまでご連絡ください

    こちらのガイドラインは、起こりうる状況をすべて網羅するものではなく、Airbnbのコミュニティポリシーに関する一般的なガイダンスを提供することを目的としています。

    関連記事