検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
入門ガイド
ホスト

ホストアカウントを認証する

Airbnbでホスティングをする際には、本人確認のため、本名、生年月日、政府発行の身分証明書などの情報の提出を求められる場合があります。こうした詳細情報の収集は、「顧客確認(KYC)」プロセスの一環として法律で義務付けられています。情報に間違いがあった場合は、支払いを受け取れない場合があります。

顧客確認(KYC)の要件

顧客確認(KYC)とは、Airbnbコミュニティのみなさまを詐欺から守り、マネーロンダリングやテロリストの資金調達を防止するための規制要件です。個人への支払いを認可されているほぼすべての大企業は、顧客確認(KYC)を遵守することが義務付けられており、Airbnbも同様に支払いの受取人について把握する必要があります。

本人確認が重要な理由

情報に誤りや不備があると、ホストアカウントの認証が完了するまで受取金の送金が滞ってしまう場合があります。また、不正なアカウントの可能性があると判断されることもあります。

ご提供いただいた情報の利用方法

Airbnbはみなさまのプライバシーと安全を非常に重視しておりますので、ご安心ください。個人情報の提供をお願いする場合は、適切な措置を講じて安全に保管します。ご提供いただいた情報は、ご利用アカウントの安全を維持し、金融犯罪を防ぐためにのみ使用いたします。詳しくは、Airbnbの個人情報保護ポリシーをご確認ください。

必要な情報

実際に提出が求められる情報は、地域の規制によって異なる場合があります。通常は、以下の情報が含まれます。

  • 正式な氏名:政府発行の身分証明書または公的書類に記載されているお名前です。Airbnbプロフィールの表示名と一致する必要はありません。正式な氏名を入力しても、プロフィールの表示名が変更されることはありません。
  • ご自宅の住所:実際にお住まいの住所です。Airbnbのリスティング所在地とは異なる場合があります。こちらは本人確認のために使用され、リスティングページに表示されたり、ゲストに開示されたりすることはありません。
  • 生年月日:ほかでも入力済みかもしれませんが、あらためて確認させていただく必要があります。
  • 出生地、市民権を有する国、国籍:本人確認のためにのみ使用されます。

また、政府発行の身分証明書の提示を求められる場合もあります。

企業情報を求められる場合

登記済みの会社、合名会社、非公開会社、または上場会社を所有しており、かつご利用のホストアカウントが何らかのかたちでいずれか1件以上の企業に関連付けられている場合は、顧客確認(KYC)プロセスの一貫として、企業情報の確認が必要となる場合があります。

また、ホストアカウントを使用して予約や支払いを管理する方や、ホストアカウントに関連づけられた企業の事業主、経営者、取締役など、ご利用のホストアカウントに関連する方の納税者番号や政府発行の身分証明書などの情報の確認が必要となる場合があります。

実質的支配者の情報を求められる場合

実質的支配者とは、事業の25%以上を直接的または間接的に所有または管理する個人のことです。登記済みの会社または法人がホストアカウントに関連付けられている場合、会社の所有者や管理者情報を提示する必要があります。こちらの情報は、金融犯罪を防ぐために「顧客確認(KYC)」でも義務付けられています。

この記事は役に立ちましたか?

関連記事

予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
ログインまたは登録