おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    オンライン体験をホストするには?

    オンライン体験の企画をご提出いただくには、いくつか手順を経ていたく必要があります。まずは「Airbnb体験の基準および要件」そして「オンライン体験に特別な要件はありますか?」の記事をお読みください。さらに、ホスティングをはじめる前に次の点もご確認ください。

    オンライン体験の準備

    企画提出前に以下の点をご確認ください

    • 体験のタイトル
    • 体験の配信場所や体験の特徴などの紹介文
    • 明確に定義した活動項目を含む体験の説明文
    • ホストの資格、経歴、認定書
    • ゲストが用意するもの
    • 体験がオンラインで行われることを示すため、ホストがカメラやパソコンの前で話している写真を含む、体験の様子がわかるクオリティのよい写真

    アイディアとこれらの準備がすべて整ったら提出手続きを開始しましょう。

    本人確認が求められるため、写真付き身分証明書が必要です。

    Airbnb体験の企画をクオリティチェックに提出した後の流れもあわせてご確認ください。

    Zoomの使い方

    オンライン体験はZoomを使って実施されます。Zoomとは、第三者が提供するビデオ会議用ソフトウェアのことです。

    Zoomのダウンロード

    Zoomはこちらからダウンロードできます。

    デモ動画の作成

    企画提出手続きの一環として、Zoomを使用して体験の実演を録画していただきます。録画の作成手順はこちらをご覧ください。

    ほかのサービスで動画を録ることもできますが、Zoomに慣れるためにも、Zoomを使用なさることを強くおすすめします。

    オンライン体験が承認されたら

    体験の設定でZoomの新規アカウントをアクティベートするよう求められます。こちらはご自身のAirbnb体験に個別に関連付けられたZoomアカウントです。

    新規アカウントには、既存のZoomアカウントとは異なるメールアドレスを使用する必要があります。

    新しいZoomアカウントの設定手順をご案内するメールが送られます。手順が完了すると、新しいZoomアカウントがアクティベートされます。

    手順が完了してからZoomの有効化状況が更新されるまで、最大30分程かかる場合があることにご留意ください。

    ZoomのURLとパスワードを見つける

    体験実施回ごとに個別に設定されるZoomのURLは、カレンダー、ゲストが予約するたびに送信される確認メール、および体験開始前に送信されるリマインダーメールで確認できます。

    Zoomのトラブルシューティング

    Zoomに関する問題が発生した場合は、Zoomサポートチームまでご連絡ください。Zoomヘルプセンターでも情報をご覧いただけます。

    オンライン体験の予約方法

    Airbnbでオンライン体験を予約する方法は、直接対面型の体験を予約する場合と同様です。ホストは、Zoomの「待機室」機能を使用することで、誰が体験に参加するかを管理できます。ゲストがZoomのURLを予約に含まれていない人と共有した場合、ホストはその人を参加招待する必要はありません。

    料金設定について

    料金はホストが自由に設定できます。初めは料金を低めに設定することをおすすめします。経験を十分積み、5つ星レビューの数が増えてから料金を上げるとよいでしょう。社会貢献の体験を除き、直接対面型の体験同様、Airbnbはホストからサービス料をいただきます。

    オンライン体験の料金は、標準設定で1人あたりの料金が表示されます。1人分しか予約が入っていないところ、実際はゲストが2人だったという場合は、問題解決センターを通じて追加料金の支払いをお願いできます。もし1台の端末から複数ゲストの参加を許可する場合は、1人分の予約で構わないことを説明文に記載しておきましょう。

    また、グループ貸切料金の設定も可能です。グループ貸切では、特定日時の体験実施回において、その定員枠すべてを予約できます。

    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事