おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnbが求める保証金

    すべての予約に保証金が必要なわけではありませんが、予約のタイミングやリスティングの特徴などによっては、ホストを守るために保証金が必要であるとAirbnbで判断する場合があります。

    保証金の算出方法

    1,000ドルを上限に、リスティングに設定された1泊料金の60%を保証金としています。長期滞在の場合、金額が調整されます。すでにホストが求める保証金を設定済みである場合は、設定された金額(0ドルを超える場合)が使用されます。

    保証金適用の流れ

    ゲストには予約時にAirbnbが求める保証金の額が表示されます。チェックイン2日前になると、登録されている支払い方法に保証金の金額分の信用照会が行われます。信用照会ができない場合はメールでその旨が通知され、ゲストはメール受信後12時間以内に支払い方法を更新する必要があります。

    ゲストからの返答がない場合や、ほかの支払い方法でも信用照会ができなかった場合は、予約は自動キャンセルとなり全額が返金されます。保証金とは関係のない理由でゲストがキャンセルした場合は、ご自身が設定したキャンセルポリシーに基づいて支払いをお受け取りいただきます。

    保証金の回収の流れ

    保証金の請求手続きは、ホストが求める保証金もAirbnbが求める保証金も同じですが、自動で行われるものではありません。ホストはチェックアウトから14日以内に問題解決センターを通じてリクエストを送信する必要があります。手続きについて詳しく確認する

    保証金の支払いはすべてAirbnbを通して行う必要があります。現金またはサイト外の支払い方法の利用は、Airbnbの支払サービス利用規約違反となります。

    保証金が設定されてない場合

    保証金が設定されていない場合でも、ホスト損害保証を含むAirCoverが適用されます。物品の破損や紛失、および予期せぬ清掃のためのAirCoverの請求はすべて、ホスト損害保証の利用規約の対象となります。

    詳しくは、「Airbnbはどのように保証金を取り扱っていますか?」の記事をご確認ください。

    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事