コンテンツにスキップ
上下の矢印キーを使っておすすめをナビゲートしてください。
主なヘルプ記事にジャンプ

滞在中の防火・一酸化炭素中毒対策は?

防災・防犯設備は全宿泊施設に設置が義務付けられています。 Airbnbでは宿泊施設内への煙感知器と一酸化炭素検知器の設置を全ホストに推奨していますが、ゲストのみなさまも旅行中は常に防災に気をつけ、できる限りの安全対策を怠らないことが重要です。

Airbnbで宿泊予約する際は、宿泊施設内に煙感知器と一酸化炭素検知器が設置済みかどうかの情報も忘れずに確認しましょう。 これはリスティングページの 「アメニティ・設備」の欄に記載されています。

一酸化炭素検知器はまだ普及していない国や地域もあります。特に未設置の宿泊施設に滞在する際は、携帯版を1台購入して持参すると安心です。 市販のものにはたとえばこんなポータブルタイプのCO検知器もありますよ。

米国赤十字社が推奨する安全対策

一酸化炭素(CO)は、燃料(ガソリン、薪、練炭、天然ガス、プロパンガス、石油、メタンガスなど)が不完全燃焼のときに出る無色透明・無臭のガスです。 排出源は燃料を使用する住宅内設備(ボイラー、レンジ、給湯器、暖房器具など)で、高濃度になると致死量となる恐れもあります。 滞在中は次の点に気をつけましょう。

  • 密閉された室内(住宅、車庫、地下室、床下など)で自家発電機、グリル、キャンプ用ストーブや、ガソリン、プロパンガス、天然ガス、練炭を燃やす機器の使用は避けましょう。
  • これらの機器は常に屋外のドアや窓、通気口から離れた場所に置き、屋内にガスが流れこまないようにしましょう。
  • ドアと窓を開け換気扇を回して使用しても予防にはならず、一酸化炭素は屋内に溜まることがあります。 無色透明で無臭のため、気づいたときには体の自由が急に利かなくなり、最悪の場合、死にいたるケースもあります。 ガスの臭いがしなくても一酸化炭素は無意識のうちに吸っていることもありますので、 ガスの出る機器を使用中に不快感・吐き気・めまいを感じたら、すぐに室内を換気してください。後回しにしないことが重要です。
  • 一酸化炭素警報器*は、住宅の各階の中央部と寝室スペースの廊下に設置し、早期発見と予防を心がけます。
  • 電池はこまめに点検し、適宜交換します。
  • 一酸化炭素警報器が鳴ったら、すぐ屋外に出るか窓やドアを開けて、新鮮な空気を吸いましょう。 一酸化炭素警報器が鳴ったら無視は禁物です。死にいたることもある怖いガスですので、新鮮な空気を吸うことが肝要です。 新鮮な空気のある場所に移動し、そこから救急車を呼んで動かずに待ちましょう。

詳しくは、www.redcross.org/homefiresをご覧ください。

*世界各地のメンバーの用語に合わせて、Airbnbでは「警報器」と「検知器」という用語を互換的に使用しています。

米国赤十字社の名称、記章、著作物はその許可を得て使用されているものであり、これにより明示あるいは黙示を問わず、いかなる製品、サービス、企業、意見、または政治的立場を支持することを意味するものではありません。 米国赤十字社の商標は、米国赤十字社が所有する登録商標です。 米国赤十字社の詳しいご案内は、redcross.orgをご覧ください。