コンテンツにスキップ
主なヘルプ記事にジャンプ

ゲストです。安全対策はどんな点に気をつけたらいいですか?

安全に旅を楽しむためのヒントをいくつかご紹介します。

検索と予約のコツ

検索では料金、部屋タイプ、アメニティ・設備など、さまざまな条件をフィルターで指定できますので、これで対象を絞り込んでいきます。 理想の宿泊先が見つかったら、 ホストのプロフィールとリスティング、滞在の説明をよく読みます。特に重要なのはアメニティ・設備、ハウスルール、滞在中の要件、キャンセルポリシー。これはすみずみまでしっかり目を通しましょう。

評価とレビューを読む

過去のゲストからの評価や感想にざっと目を通し、自分に合うかどうかを確認します。 レビューには清潔さ、正確さなど宿泊施設の品質評価と、実体験に基づく正直な感想が詳しく記されているので、とても参考になります。 ゲストのレビュー執筆期間は宿泊「後」ですので、どのフィードバックも特定のホストとの実体験に基づくものと信頼することができます。

宿泊施設の安全設備を確認

Airbnbで宿泊予約する際は、宿泊施設内の煙感知器と一酸化炭素検知器の設置状況も確認しましょう。 これはリスティングページの 「アメニティ・設備」の欄に記載されています。

一酸化炭素検知器はまだ普及していない国や地域もあります。特に未設置の宿泊施設に滞在する際は、携帯版を1台購入して持参すると安心です。 市販のものにはたとえばこんなポータブルタイプのCO検知器もありますよ。

わからないことは聞く

宿泊施設や体験に関する質問は、予約する前に、Airbnbのセキュアなメッセージング機能を活用して安全かつ手軽に質問できます。 予約後もホストにメッセージを送ってチェックイン手順の相談ができるほか、旅行中もずっと連絡がとれます。

支払いとやりとりは常にAirbnbで

事前の問い合わせから予約、決済まで、お手続きはすべてAirbnbのセキュアなプラットフォームを通して行いましょう。そうすれば、あらゆる連絡の履歴と代金と個人情報をひとつの場所にまとめておけるので、何かあったときにも十分な証拠が残り、補償も適用されます。 ホストから銀行振込を求められたり、クレジットカード情報を聞かれたり、直接支払うよう求められることは、通常の手続きでは絶対ありません。 万一上記のいずれかが起こったら、直ちにAirbnbまで通報してください

到着したら安全確認を

宿泊先や体験会場に到着したら、防災グッズと緊急避難情報の場所を確認しておきます。 消火器や救急箱などの保管場所がわからないときには、遠慮なくホストに聞いてみましょう。 備えあれば患いなし、です。

渡航先の安全情報と警告を調べる

Airbnbをご利用かどうかに関わらず、渡航先の安全情報は事前に確認しましょう。外務省の海外安全情報を確かめ、渡航中止勧告や退避勧告が出ていたら各国の大使館に詳細を問い合わせてみます。 たとえば、アメリカからの旅行者の場合、ビザ情報や渡航中止勧告は国務省のサイトなどで確認することができます。

さらに詳しい安全対策の情報は、Airbnbの信頼&安全のページをご覧ください。


注:緊急事態や身の危険を感じた場合には、直ちに最寄りの警察・救急・消防に通報してください。