おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    体験ゲスト返金ポリシー

    こちらの体験ゲスト返金ポリシーは、Airbnbでのゲスト返金ポリシーとそれに関連するホストの義務について規定しています。本ポリシーは、Airbnbのサービス利用規約Airbnbの体験ホスト向け追加規約に加えて適用され、Airbnbプラットフォームを通じて体験を予約し、旅行上のトラブルが生じたゲストにご利用いただけます。

    ゲスト返金ポリシーにおいて定義されていない用語は、サービス利用規約又は支払サービス利用規約の定義に従います。

    お客様は、体験ホスト又はゲストとしてAirbnbプラットフォームを利用することにより、体験ゲスト返金ポリシーを読んだこと並びに体験ゲスト返金ポリシーに拘束されることを理解及び同意していることを表明したものとみなします。

    対象となる旅行上のトラブルと返金ポリシー

    体験ゲスト返金ポリシーに基づき返金の対象となる「旅行上の問題」は次のとおりです。

    • ホストが予約した体験を実施しなかった、または開始時刻の15分を超えて到着し、ゲストに体験参加を断念させた場合。
    • ホストが予約確定後に体験の内容を大きく変更した場合。
    • ゲストの体験参加に対して悪影響を与えることが合理的に予期されるような、安全上又は健康上の危険が体験に含まれている場合。
    • オンラインで行われる体験において、音声や映像などの技術的な問題により、ゲストが体験に参加できなかった、又はホストが体験を進行することができなかった場合。

    ゲストに旅行上のトラブルが生じたとAirbnbが判断した場合、Airbnbはその裁量において、本ポリシーに従って、ゲストが体験に支払った額を限度として返金を行うものとします。返金額は、ゲストが被った旅行上のトラブルの内容に応じて決まります。

    最低品質保証、ホストの義務及びゲストに対する返金

    ホストは、Airbnbプラットフォーム上に掲載した体験がAirbnbの体験プラットフォーム基準を満たし、かつ、ゲストに旅行上のトラブルをもたらさないようにする義務があります。体験実施前と実施中は、ゲストに生じうるトラブルを誠実に解決するため、ホスト自身が、又は第三者をして、対応可能な状態にしておく必要があります。

    (i) Airbnbが、体験に関してゲストに旅行上のトラブルが生じたと判断し、かつ、(ii) Airbnbがゲストに対して(料金総額を上限として)返金を行った場合、ホストはAirbnbに対して、Airbnbによる請求から30日以内に、Airbnbによる支払額を上限とした返金を行うことに同意します。ホストは、自身の受取金から控除することにより、又は支払サービス利用規約において許容されるほかの方法で、Airbnbに対して支払うべき金額をAirbnb Paymentsが徴収することを承認するものとします。

    また、ホストとして、体験ゲスト返金ポリシーに基づくゲストの権利は、体験キャンセルポリシーに優先することを理解したものとみなします。お客様が旅行上のトラブルに関して異議がある場合は、Airbnbに書面で連絡、又は電話で連絡の上、旅行上のトラブルに関する請求への異議申し立てを裏付ける情報(写真またはその他の証拠を含みます)をご提供ください。但し、旅行上のトラブルに関する請求について異議を申し立てる前に、ゲストとともに旅行上のトラブルを解決するための合理的かつ誠実な努力を行う必要があります。

    一般条項

    体験ゲスト返金ポリシーは、保険の申込み、保険又は保険契約を構成するものではなく、ゲストが加入した又は加入可能な保険を代替するものでもなく、かつ、ゲストは、体験ゲスト返金ポリシーに関していかなる保険料を支払うものではありません。ゲストは、体験ゲスト返金ポリシーに基づき認められる利益について、譲渡又は移転することはできません。

    体験ゲスト返金ポリシーに関連してAirbnbが行う判断はすべて、Airbnb独自の裁量により行い、最終決定としてゲスト並びにホストを拘束するものとします。

    Airbnbは、いつでも、その単独の裁量により、体験ゲスト返金ポリシーを修正又は解除する権利を有しているものとします。Airbnbは、ゲスト返金ポリシーを修正した場合、(Airbnbヘルプセンターをはじめとする)Airbnbプラットフォーム上に当該修正内容を掲載するか、又はお客様に修正内容の通知をします。Airbnbは、当該修正の効力発生日前になされた旅行上のトラブルに関する請求について引き続き処理するものとします。

    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事