おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnbユーザーです。データ主体の権利行使を要求するには?

    こちらのページでは、適用法が定めるデータ主体の権利を行使する目的でAirbnbに問い合わせる手順を、一般的な情報としてご案内しています。Airbnbにおけるプライバシーとデータ保護に関してご質問がございましたら、メールでご相談ください

    中国本土にお住まいの場合は、ご自身に該当する情報をご確認ください。

    目次

    アカウントの無効化

    アカウントを無効にする方法

    アカウントを無効にすると、ホストまたはゲストとして確定済みの予約はすべてご自身によるキャンセルとみなされ、該当するキャンセルポリシーに従って処理されます。 無効にしたアカウントを後日有効に戻したい場合は、Airbnbに連絡する必要があります。

    アカウントは「個人情報の管理」からご自身で無効にすることができます。

    アカウントではなくリスティングを無効にする場合は、こちらの手順をご参照ください

    アカウントを再度有効にする場合は、Airbnbにお問い合わせください

    アカウントの削除

    アカウントを削除すると、永久的に個人データが削除され、Airbnbアカウントが閉鎖されます。一度削除すると元に戻すことはできません。

    リクエストの処理が完了すると、個人情報は永久的に削除されます(ただし、個人情報保護ポリシーの規定により、法的に保管が許可されている、または義務付けられている一部の情報を除きます)。つまりAirbnbからは今後一切のサービスをご提供できなくなり、後日Airbnbの利用再開をご希望の場合には、また新たにアカウントを作成していただく必要があります。

    アカウントを削除する方法

    アカウントおよびそのデータは「個人情報の管理」から削除できます。

    データアクセス

    アカウントに関する主要な情報のほとんどは、Airbnbアカウントのダッシュボードで確認できます。

    Airbnbが保有するユーザー自身の個人情報の一部または全部のコピーを取得する方法

    全データのコピーをご希望の場合は、「個人情報の管理」からファイルをリクエストできます。

    データポータビリティ

    ポータビリティの権利

    この権利を行使すると、Airbnbに提供した特定の個人情報を、機械で読み取り可能な汎用フォーマットで入手することをリクエストできます。

    ポータビリティの権利を行使する

    全データのコピーを希望する場合は、「個人情報の管理」からファイルをダウンロードできます。

    広告配信の停止

    広告目的のメール、通知、メッセージ、電話の受信を停止する権利を行使する

    広告配信の設定は、広告メール末尾の「配信を停止」をクリックするか、アカウントにログインして次の手順に従うことでいつでも変更できます。

    1. アカウント」>「通知」にアクセス
    2. お得情報&ヒント」にアクセスし、停止を希望する広告の配信手段をオフにします

    広告配信を停止したにも関わらずAirbnbからメールが届く場合

    登録済みの連絡先情報は、お求めのサービスに関する通知(例:予約確認メール、決済通知メール)を送信する目的で、引き続き使用されます。Airbnbから(サービス関連のメッセージも含めて)今後一切の通知の受け取りを希望しない場合は、Airbnbアカウントそのものを無効にするか、削除する必要があります。

    Airbnbによる、ダイレクトマーケティング目的の個人情報の利用(広告目的での第三者との情報共有を含む)を停止する方法

    居住地域の法令で認められている場合、個人情報保護ポリシーに規定されているとおり、ダイレクトマーケティング目的の個人情報の利用はAirbnbにメールを送信することで停止できます。広告配信の停止方法については、上記の手順をご参照ください。

    クッキーの管理方法については、Airbnbのクッキーに関するポリシーをご参照ください。

    処理に対する異議申し立て

    Airbnbによる特定目的の個人データ処理に異議を申し立てる方法

    居住地域の法令で認められている場合、Airbnbに対し、正当な利益に基づく処理であっても、特定目的(プロファイリングを含む)のために個人情報を処理しないよう求めることができます。ユーザーがかかる処理に対し異議を申し立てる場合、Airbnbは、当該処理を行うことをやむを得ないとする正当な理由を示すか、法的請求の確立、行使、弁護に必要となる場合を除き、当該目的で個人情報を処理することはできなくなります。

    処理に対する異議申し立ての権利行使をご希望の場合は、メールでご請求ください

    データ主体の権利を行使するその他の方法

    請求は郵送でも受け付けています。「Attention: Legal Privacy」(法務プライバシー担当宛)と明記の上、個人情報保護ポリシーの「お問い合わせ」の条項に記載の住所までお送りください。ご請求の処理が滞りなく進むよう、書簡には下記の情報を忘れずにご記載ください。

    • 件名:「Privacy Data Subject Right Request」(データ主体の権利行使請求)
    • ご自身のAirbnb ID(プロフィールのURL末尾の番号)
    • 居住国/地域
    必要なサポートは受けられましたか?

    関連記事