コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    カリフォルニア州サン・ルイス・オビスポ郡(非法人地区)

    カリフォルニア州サンルイスオビスポ郡(非法人地域)

    Airbnbにお部屋を掲載する際には、お住まいの地域や地域の法令をよく確かめたうえで判断することが重要です。 Airbnbはプラットフォームおよびマーケットプレイスという立場上、法的なアドバイスを提供することはできませんが、サンルイスオビスポ郡の非法人地域の関連法規制の理解に役立つと思われるリンクを以下にご紹介します。 必要な情報をすべて網羅できるわけではありませんが、地域の法令を調べる起点としてお役立てください。 ご不明な点がございましたら、郡の「貸し別荘営業許可」総合案内をご覧になり、サンルイスオビスポ郡主税課にお問い合わせになるか、最寄りの弁護士や税務の専門家にご相談ください。

    短期宿泊営業許可証

    • サンルイスオビスポ郡内で短期宿泊営業を行う事業者は、有効な郡発行の営業許可証(ビジネスライセンス)の取得が必要です。 サンルイスオビスポ郡の場合、申請はホスト本人が窓口に出向いて行わなければなりません。 ライセンス取得後は年1回更新が必要となります。 詳しくは、郡のバケーションレンタルの営業許可専用ページをご覧ください。

    ホスティング許可要件

    • 郡営業許可番号の表示義務: リスティングには郡営業許可番号を記載する必要があります。 記載するには、リスティング管理画面の「リスティング」のタブから該当するリスティングをクリックし、「所在地」の欄までスクロールします。  「届出/許可登録番号」という項目が表示されますので、そこにサンルイスオビスポ郡の所定の書式に従って営業許可番号を入力します。 書式は7桁の数字で、郡発行の営業許可証の左上に記載されています。  「No. XXXXXXX」という書式にしたがい、  たとえば「No. 9999901」という風に入力すれば問題なく受理されます。

    • その他の規則: 賃貸借契約書、マンション管理組合や理事会の規定、住宅所有者組合(HOA)の規則、入居者団体の規則など、適用される契約・規則の内容を十分把握し、遵守することも重要です。 賃貸契約書はよく読み、必要に応じてオーナーに確認しましょう。 賃貸の場合、短期宿泊営業の許可取得にはオーナーから書面による同意を得る必要があります。

    リスティング運用上の要件

    • サンルイスオビスポ郡の用途地域指定条例: 短期宿泊の受け入れは、郡の営業許可と土地利用許可証の両方がないと営業できません。 郡の土地利用許可証は土地建物計画課が発行を担当しますが、事業許可証申請手続きの一部に組み込まれていますので、別途申請する必要はありません。

    • 税金:サンルイスオビスポ郡では、30泊未満の予約に9%の一時滞在税(TOT)を課しています。 1%の観光マーケティング地区(TMD)賦課金も課されるほか、 郡内特定地域ではさらに2%の観光産業改善地区(TBID)賦課金が徴収されます。 詳しくは、郡主税課までお問い合わせください。  サンルイスオビスポ郡の一時滞在税はAirbnbが回収&納付を代行しています。代行プロセスの詳細については、ヘルプセンターのこちらこちらでご覧いただけます。

    Airbnbは地域とともに歩むコミュニティです。これからも各地の行政と協力しながら理解の普及に努め、 必要に応じて改革を提唱し、一般の方でも自宅をシェアできる世界の実現に努めてまいります。

    必要なサポートは受けられましたか?