検索条件を入力すると、検索候補が表示されます。上下の矢印キーを使って確認します。Enterキーを押して選択します。フレーズを選択した場合、フレーズそのものが検索にかけられます。検索候補がリンクである場合、リンク先のページに移動します。
入門ガイド
ゲスト

Airbnbサイト外での支払い

ごく一部の例外を除き、予約料金は全額Airbnbを通じて徴収されます。Airbnbのサイト外で一部でも予約料金の支払った場合、不正な請求である可能性があります。

不正行為が疑われる場合は、直ちにAirbnbまでご連絡ください。

ホストが直接徴収できる手数料

一部の場合において、ホストはAirbnbサイト外の支払い方法を使用して、承認された特定の手数料や税金をゲストから直接徴収することができます。

このような手数料に関して、ホストはリスティングの説明文に詳細を記載し、また予約前に表示される料金内訳にも含める必要があります。通常、ゲストの滞在開始前、チェックイン時、またはチェックアウト後48時間以内に請求されます。

追加の手数料は以下のとおりです。

  • 保証金:ゲストの滞在中に発生した損害に対する追加の清掃や修理費用をまかなうために請求される場合があります。保証金の請求の詳細についてご確認ください。
  • リゾート料金:Wi-Fiや係員付き駐車サービスなどのアメニティ・設備の費用が含まれる場合があります。
  • 雑費:空港送迎料金や駐車料金などが含まれる場合があります。
  • 地方宿泊税:一部の地域では、ホストによる直接徴収が法令で義務付けられています。ゲストにどのように税金が課されるのか、詳細をご確認ください。

Airbnbに報告いただきたい場合

滅多にないサイト外の支払い請求が来て驚いた場合は、すぐにAirbnbまでご報告ください。

危険信号として考えられるのは、電信送金または銀行振込を求められた場合、またPDFファイルまたは紙の請求書が送付されてきた場合などがあげられます。ウェスタンユニオンやマネーグラム、銀行小切手、郵便為替、リバティーリザーブなどのキーワードが出てきたら、要注意です。

メッセージを報告する方法

  1. 受信トレイ」にアクセスし、不審なメッセージを含むやり取りをクリック
  2. メッセージでフラグアイコンをクリック
  3. 報告理由を選択し、続く質問に回答します

メールを報告する方法

サイト外での支払いを求めるメールが届いた場合は、直ちにAirbnbまでご連絡ください。送信元のメールアドレスに「airbnb.com」が含まれる場合も同様です。

詐欺の種類

以下に説明する一般的な詐欺から身を守るために、Airbnbプラットフォームを通じて予約し、ほかのユーザーとメールアドレスを共有せず、Airbnbを名乗るメールであってもしっかりと確認するようにしましょう。

  • 前金詐欺:Airbnb以外のサービスを経由して支払いを行えば金銭や特典を提供すると持ちかける詐欺。
  • フィッシング詐欺:Airbnbや信頼のおけるほかのサイトを装った者が、メールやリンクを送りつけてくる詐欺。メッセージを介して機密情報の入力を促すほか、メッセージにパスワードや連絡先情報を盗むように設計された悪意のあるソフトウェア(マルウェア)が含まれている可能性があります。
  • 旅行詐欺:電信送金で支払うことを条件に、実際には存在しない大幅な割引を提供すると持ちかける詐欺。
  • 過払い詐欺:ゲストが表示料金以上の金額を支払うと提案してから、ホストに差額分を現金で支払うよう求める詐欺。
  • 代理予約詐欺:よくあるケースとしてAirbnbのクーポンや割引があると嘘をつき、外部のサイトやサービスを通じてAirbnbの宿泊先や体験の予約または支払いの代行を持ちかける詐欺。この種の予約は盗難されたクレジットカードで支払われる場合が多いため要注意です。

    注:Airbnb以外の場所で予約を行うことはAirbnbのサービス利用規約違反となります。第三者を通じて予約が行われたと判断した場合、Airbnbは予約を自動キャンセルし、予約者およびゲストのアカウントを無効にする場合があります。

    この記事は役に立ちましたか?

    関連記事

    予約やアカウントなどのヘルプ記事を参照しましょう。
    ログインまたは登録