コンテンツにスキップ
主なヘルプ記事にジャンプ

Airbnbのリビングウェイジ宣言とは?

Airbnbでは米国内ホストを対象に、清掃スタッフに公正な料金を支払うことを誓う「リビングウェイジ宣言」を励行しています。「リビングウェイジ(生活賃金)」とは最低限の生活と地域のコミュニティー参加に必要な賃金水準を指します。

清掃スタッフはホスティングには欠くことのできない戦力であり、最高のおもてなしをコンスタントに提供できるのもそのご努力のお陰であるとAirbnbは考えます。日頃のサポートにお返しする気持ちを込めて、Airbnbでは、清掃スタッフもAirbnbコミュニティの大切な一員とみなし、尊厳とリスペクトある待遇を受けられる環境づくりを誓う運動を進めています。

リビングウェイジが得られることで、清掃スタッフは次のようなことが可能になります。

  • 自らの生活、家族の暮らしを支えることができます。
  • 仕事でも安定的に質の高い成果を出すことができます。
  • たまには休みをとって、自分と家族の時間がとれます。

米国におけるリビングウェイジの算定方法

Airbnbでは「全米家庭内労働者連合(NDWA) 」の基準をもとに、清掃スタッフへのリビングウェイジの在り方を考えました。NDWAは全米の清掃スタッフ、ベビーシッター、家政婦など家庭内労働者の主要団体です。リビングウェイジを確実に支払うためのホスト向けのガイドラインを以下に一部ご紹介します。

清掃スタッフに支払う料金を決める際には、次の点をよく考えてみましょう。

  • 自営かどうかか?: 自営の場合、リビングウェイジは1時間$25からです。自営の清掃スタッフは業者派遣スタッフより通常時給は高めです。なぜなら所得税の税率が高く、有給休暇、清掃用品代、交通費の実費負担があるからです。
  • 業者派遣ですか?: 業者派遣の場合、リビングウェイジは1時間$15からです。健康保険、歯科・眼科保険、有給休暇、育休などの福利厚生があるからです。
  • 実際の生活環境は?: 最低限の生活に必要な賃金水準は、地域の物価、扶養家族の人数、その他の要因によって異なってきます。
  • 経験年数は?: 清掃スタッフの技能・経験には個人差があります。自営の方の料金を決める際には、プロとしての経験年数、園芸など特殊技能が要求されるサービスを提供しているかどうかを考慮しましょう。

清掃スタッフの理想的な労務環境を整えるためには、リビングウェイジに加え、クリアな事前説明、健康と安全、職業団体へのアクセスという3つの要素も重要だとNDWAでは推奨しています。詳しいガイダンスはNDWAのサイトでどうぞ。清掃スタッフにNDWAを紹介する手続きもそちらでできます。

Airbnbで「リビングウェイジ宣言」のバッジを表示する手順はこちらです。ぜひ表示して、清掃スタッフに公正な賃金を支払っていることをゲストとホストにアピールしましょう。