おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    アクセシビリティのニーズがあるゲストをホスティングする

    アクセシビリティのニーズがあるゲストを受け入れることは、そのほかのゲストを受け入れることと何ら変わりありません。チェックイン前に荷物を預かる場合と同様に、ちょっとした対応でゲストの滞在をより快適にすることができます。アクセシビリティのニーズはゲストによって異なりますので、リスティングの情報をわかりやすく正確に記載し、ゲストとしっかりコミュニケーションを取っておくことが何よりも大切です。

    ゲストに歓迎の気持ちを伝えるためのポイントをこちらにまとめました。

    • リスティングに関するゲストからの質問には、丁寧に対応しましょう。いくつか質問に答えるだけで、滞在の快適さも大きく変わります。
    • 軽い家具の移動や、ちょっとした変更が必要な場合など、合理的な範囲でのリクエストには進んで応じましょう。快適に移動できる安全なお部屋を用意すれば、ゲストは非常に助かります。
    • おもてなしのスキルを活かせば、素晴らしい滞在の雰囲気をつくることができます。自分らしいおもてなしをしましょう。

    以下への対応は必要ありません。

    • ゲストのニーズや要件について推測したり、リスティングがゲストに適しているかどうかを判断したりすること。ゲストとコミュニケーションを取って、何が必要かを確認してください。
    • リスティングを改装すること。お部屋はそれぞれユニークで特徴も異なりますが、その情報を正確に伝えることが最も重要です。
    • 重い家具の移動など、安全かつ合理的な範囲で対応できない変更を加えること。ホストのみなさま自身が身体的な制限を抱えており、安全に変更に対応できない場合もあるかと思いますので、ゲストのニーズに対応できない場合は、ゲストに連絡を取りその旨を伝えましょう。

    アクセシビリティのニーズの有無にかかわらず、すべてのリスティングがすべてのゲストに適しているとは限りません。リスティングページに正確な情報を記載して滞在のイメージを的確に伝えると同時に、合理的な範囲のリクエストには柔軟に対応することで、ご自身のリスティングに滞在するゲストの数を最適化することができます。

    お部屋をより快適にするためにできること

    予約の前に、お部屋を快適にするためのちょっとした対応をゲストにお願いされることもあるかもしれません。

    ほとんどのリクエストは10分もあれば対応できるものであり、ゲストをお迎えする際の通常の準備に組み込むことも可能です。

    対応可能なリクエストの例をいくつかご紹介します。

    • ゲストの到着前に、生活用品を事前に打ち合わせた場所に置く(例:お皿を低いカウンターに置き、ゲストが取りやすいようにしておく)
    • 軽い家具の配置を変える。(例:椅子やテーブルを移動して広い通り道を確保する、コンセントの前に物を置かないなど)

    合理的なリクエストかどうかはホスト自ら最善の判断をしてください。ただし、ゲストの障害のみを理由に予約を断ることはできません。これは、世界中で安全かつアクセシビリティ対応のある宿泊施設の提供を目指すAirbnbの差別禁止ポリシーの違反に相当します。

    アクセシビリティ機能・設備のハイクオリティな写真を撮影することで、リスティングの検索結果にどのような影響が生じるかをリソースセンターで確認しましょう。

    必要なサポートは受けられましたか?