コンテンツにスキップ
主なヘルプ記事にジャンプ

体験補償保険って何?

「体験補償保険」とは、体験実施中に人身や物損の被害が生じ、体験ホストがゲストまたは第三者に賠償請求された場合、第1次保険として補償が出る賠償責任保険プランです。 補償は体験あたり最大$1,000,000 USDまでで、その適用範囲は体験種別によって異なります。 さらにゲスト側の保険契約期間内の補償累計額にも最大$1,000,000 USDの限度額があるほか、一定の条件、制限、例外が適用されます。 プログラム詳細はこちらでご覧になれます。

「体験補償保険」プログラムの補償が適用される事例には次のようなものがあります。

  • ゲストが市内見学中に自転車から転げ落ちて手首を骨折。治療費を体験ホストに請求してきた。
  • ゲストが料理教室でうっかり天ぷら油を加熱して出火し、スプリンクラーが発動。 体験ホストが会場に借りたレストランが一部焼失し水浸しに。 レストランオーナーが体験ホストに損害賠償を請求してきた。

Airbnbの「体験補償保険」プログラムは全賠償責任に適用されるわけではなく、また、全体験種別に適用されるわけでもありません。

体験補償保険の補償が適用されない事例には次のようなものがあります。

  • 自動車事故
  • かびや汚染などによる不動産損害
  • 事故ではなく、意図的に引き起こした被害の賠償

さらに詳しいプログラム概要は、EPIページにて ダウンロードできます。

補償請求が必要な場合は、 Airbnbまでご連絡ください 。 補償請求管理者におつなぎします。