コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください

    Airbnbはどのように保証金を取り扱っていますか?

    保証金は、Airbnbが求める場合とホストが求める場合があります。Airbnbの保証金請求は、リスティングの特徴や予約のタイミングに基づいて行われ、人種、国籍、民族性、性別、性別認識、年齢に基づき要求されることは決してありません。

    Airbnbが求める保証金

    宿泊開始の2日前に、ご登録のお支払い方法に保証金の金額分の信用照会が行われます。まだ請求は発生しませんが、信用照会が解除されるまで当該金額分の利用枠は使用できません。たとえば、利用限度額5,000ドルのクレジットカードで支払い、保証金500ドル分が押さえられると、信用照会が解除されるまでクレジットカードでお使いになれる金額は4,500ドルまでとなります。

    ご滞在中に財物破損が発生した場合を除き、チェックアウトの14日後または次のゲストのチェックイン前に、お預かりした500ドルの信用照会を解除いたします。ご利用の銀行が送金を処理するまでに3〜12営業日かかる場合もあります。保証金の金額分の信用照会ができないと判明した場合は、メールでその旨をお知らせします。メール受信後12時間以内に別の支払い方法で再試行できます。それでもうまくいかない場合、予約は自動キャンセルとなり返金処理されます。

    お支払い方法に保証金を支払うための十分な残高があることをお確かめください。(残高を確保できない場合、Airbnbは残高超過手数料を含め、関連する手数料に一切責任を負わないものとします。)

    ホストが求める保証金

    リスティングの中には、ホストが保証金を要求するものもあります。金額の設定(100ドル~5,000ドル)は、Airbnbではなくホストが行います。ゲストとしてそのようなリスティングを予約する際には、予約を実行する前に保証金の金額が表示されます。

    Airbnbが要求する保証金とは異なり、ホストが要求する保証金については、信用照会は一切行われません。請求は、ホストが保証金の請求を行った場合にのみ発生します。被害内容によって、ホストの請求金額が保証金と同額の場合と、そうでない場合があります。

    ホストが保証金の支払いを求める場合は、ホスト保証の利用規約に基づいて行われます。Airbnbのホスト保証は、財物破損に対し最大US$1,000,000の補償を宿泊ホストにお支払いするプログラムです。本プログラムのもと、ホストはチェックアウトから14日以内、または次のゲストのチェックイン日(いずれか早いほう)までに、破損または紛失を裏付ける証拠書類を提出し、Airbnbのセキュアな問題解決センターを通じてゲストに損害賠償を請求する必要があります。ゲストが支払いに応じないか支払えない場合、ホストはAirbnbに仲裁を求めることができます。

    ホストは保証金の支払いを求める前に、ゲストによる財物破損がすべてホスト保証の対象となるわけではないことを事前に理解しておく必要があります。適用対象外となるものには、通常の清掃、摩耗と劣化、物理的ではない損害(喫煙の罰金やハウスルールの違反など)が含まれます。

    問題が発生した場合の保証金の流れ

    滞在中に問題が発生した場合、Airbnbが求める保証金もホストが求める保証金も、補償の請求は同じように行われます。ホストが被害を報告し保証金の全額または一部の支払いを請求できるのは、チェックアウトから14日以内、または次のゲストのチェックイン日のいずれか早いほうまでです。

    ホストに保証金を請求された場合の流れはこちらをご覧ください。

    注:保証金を含むすべての支払いは常にAirbnbを通じて行い、Airbnbのウェブサイト以外の場所では決して請求・送金を行わないようお願いします。Airbnbのウェブサイト以外の場所で支払いを求められた場合の対処はこちらをご覧ください。

    必要なサポートは受けられましたか?
    関連記事