コンテンツにスキップ
    おすすめの結果を表示するには次に進んでください
    Airbnbの基本

    酌量すべき事情ポリシー

    注意:こちらの記事は、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的大流行と関連する状況に関するものではありません。新型コロナウイルスに関連した状況の適用範囲や、特に2020年3月15日以降に確定した予約に対する適用制限については、新型コロナウイルスに関連する酌量すべき事情ポリシーの記事をご確認ください。

    本ポリシーは、2021年1月19日以前にチェックイン予定の予約に適用されます。2021年1月20日以降にチェックイン予定の予約には、以下の改定されたポリシー が適用されます。

    有効期限:2021年1月19日

    詳しい流れ

    不測の事態が発生し、予約のキャンセルが避けられないときには、返金もしくはペナルティの免除を受けられる場合があります。Airbnbの酌量すべき事情ポリシーでそのような例外が適用される状況には下記のようなものがあります。キャンセルする前に下記のいずれかの状況に当てはまることを確認し、必要な証明書類をそろえておきましょう。

    ペナルティが免除されるのは、正式なチェックイン日の前に発生した、酌量すべき事情によるキャンセルのみですのでご留意ください。また、Airbnbの酌量すべき事情ポリシーは、LuxeまたはLuxury Retreatsの予約には適用されません。こちらには別途Luxeゲスト返金ポリシーが適用されます。

    証明書類の提出が必要な事情

    ホスト、ゲスト、補助ホスト、追加ゲスト、肉親、または介護者の死亡。次のいずれかの書類の提出が必要になります。

    • 死亡証明書
    • 訃報
    • 故人の名前がわかる報道記事
    • 警察調書

    ホストまたは旅行参加者の予期せぬ重病または怪我。予期せぬ重い病気や怪我により、当人がホスティングあるいは旅行できないことを証明する、医師による診断書の提出が必要となります。診断書の日付は予約日の後である必要があります。また、キャンセル日から14日以内の提出が必要です。現時点では、予約の段階ですでに判明している病気や怪我は酌量すべき事情ポリシーの対象外となります。

    陪審義務、渡航制限、出廷、軍隊派遣を含む政府が定める義務。義務者名と予約日以後の日付を確認できる公式通知の写しを1部ご用意ください。

    ホストすることが危険であったり、水道が出ないなど生活に最低限必要なアメニティ・設備が使えなくなるような家屋の損傷やメンテナンス、設備に関する想定外のトラブル。これにはあらかじめ予定されていた改装作業は含まれません。次の証明書類すべての提出が必要になります。

    • 修繕中であることを証明する書類
    • 修繕完了予定日がわかる書類
    • 修繕費請求書
    • 損壊の状況がわかる写真

    道路の通行止め、欠航など交通の乱れにより、目的地までの移動が不可能となり、代替の移動方法がない場合。これには地震や暴風雨などの自然災害による通行止め、運休も含まれます。通行止めの通達または航空会社からの欠航の証明書類に加え、目的地までの移動が不可能である旨の証明書類を提出する必要があります。

    電車やバス、フェリーの運休があり、同日中に代わりの移動手段が確保できない場合。当日運休だったことが明確にわかる証拠(交通機関のウェブサイトのスクリーンショット、公式発表のURLなど)を提出する必要があります。

    特別な審査が必要になる場合

    この場合、証明書類の提出は必要ありませんが、担当チームが事案ごとに状況を判断し、直接影響を受けた当事者かどうかを確認します。

    キャンセルされたオープンホームの予約。詳しくはオープンホームの記事をご覧ください。

    ゲストの往路や復路の移動を阻む、またはゲストの宿泊が危険となるような自然災害、テロ活動、および暴動/政治混乱

    ある地域や広範囲の人々に短期間で影響が及ぶ流行性疾患。タイのマラリアやハワイのデング熱など、地域にすでに存在する病気は含まれません。感染病の集団発生に関するAirbnbのポリシーへの変更や適用範囲は、世界保健機関および地域政府の発表に基づき決定されます。

      政府、法執行機関、軍や自衛隊による交通規制で、リスティングや体験実施場所までの移動ができない場合。

      安全保障上の脅威による渡航警戒勧告がリスティング所在地、体験実施場所、またはゲストの出発地で発令された場合。

      停電・断水などのライフライン途絶により、リスティングや体験実施場所が影響を受けた場合。

      ビザあるいはパスポート取得要件の変更により、目的地に渡航できない場合。渡航文書の紛失または失効は含まれません。

      確認後のお手続き

      上記の要件に当てはまる場合は、まず宿泊またはAirbnb体験予約のキャンセル手続きをお済ませください。酌量すべき事情が認められた場合、ゲストはペナルティ免除対象のキャンセルとなる旨の通知を受け、全額が返金されます。

      自動的に酌量すべき事情と認められなかった場合、予約のキャンセル手続きをお済ませの上お問い合わせいただき、免除適用を申請してください。証明書類のご提出やAirbnbチームによる書類審査など、今後の流れについてお伝えします。申請期限はキャンセルから14日以内となります。

      注:下記の酌量すべき事情ポリシーは、2021年1月20日以降にチェックインが予定されている全予約に適用されます。チェックインが2021年1月20日より前の全予約には、上記の既存のポリシーが引き続き適用されます。新ポリシーが2021年1月20日に発効した後も、新型コロナウイルスに対する本ポリシーの適用は変更されず、新型コロナウイルスに関連する大半の状況は引き続き対象外となります

      酌量すべき事情ポリシー

      発効日:2021年1月20日

      概要

      この酌量すべき事情ポリシーは、予約確定後に予期せぬ制御不能な事象が発生し、予約を完了することが不可能または違法となる場合のキャンセルの対処方法を説明します。本ポリシーは、宿泊予約と体験予約の両方に適用されます。

      本ポリシーが適用となる場合、予約のキャンセルポリシーに優先します。本ポリシーの適用対象となる事象の影響を受けたゲストは、予約をキャンセルし、状況に応じて返金や旅行クーポン、その他の対価を受け取ることができます。本ポリシーの適用対象となる事象の影響を受けたホストは、ペナルティ免除でキャンセルできますが、状況によっては予約をキャンセルした日付がカレンダーでブロックされることがあります。

      対象となる事象

      本ポリシーでは、「事象」という用語は、以下のように予約後に発生した状況、予約時に予期できなかった状況、または予約の完了を妨げるか法的に禁止する状況を指します。

      政府による旅行要件の変更。政府機関による、予期せぬビザまたはパスポートの要件の変更により、目的地への移動が不可能になった場合。渡航文書の紛失または失効、またはゲストの渡航許可に関連するその他の個人的な事情は含まれません。

      緊急事態および流行病の宣言。政府が地域または国家の緊急事態、流行病、感染病の大流行、および公衆衛生上の緊急事態を宣言した場合。タイのマラリアやハワイのデング熱など、地域にすでに存在する病気は含まれません。

      政府による移動・渡航制限。政府機関による移動・渡航制限のため、リスティングへの移動・宿泊、またはリスティングからの帰還が不可能になった場合。これには拘束力のない渡航勧告、あるいは政府による同様の指示は含まれません。

      軍事活動およびその他の敵対行為。戦争、敵対行為、侵略、内戦、テロ、爆発、爆撃、反乱、暴動、政権奪取、市民暴動、内乱。

      自然災害。自然災害、天災、大規模にわたるライフライン途絶、火山噴火、津波、その他の激しい異常気象。これには、ハリケーンシーズン中にフロリダ州で発生するハリケーンなど、各地域で発生を予測できる一般的な天候や自然現象は含まれません。

      適用対象とならない場合

      上記以外はすべて本ポリシーの対象外です。本ポリシーのもとでキャンセルできるのは、上記のいずれかの事象に当てはまる場合のみで、その他はすべて適用対象外となります。本ポリシーの適用対象外となる状況には以下が含まれます。予期せぬ疾病、病気、または負傷。陪審義務、出廷、軍隊派遣を含む政府が定める義務。移動・渡航に関する勧告など政府の指示(渡航禁止令に該当しないもの)。イベント参加のための予約におけるイベントのキャンセルまたは日程変更。適用対象となる事象(道路の通行止め、飛行機・列車・バス・フェリーのキャンセルなど)に関連しない交通の乱れ。このような状況下で予約をキャンセルする場合、返金額は当該予約に適用されるキャンセルポリシーによって決まります。

      確認後のお手続き

      本ポリシーが予約に適用される旨についてAirbnbが通知または公開した場合は、ご案内するキャンセル手続きに従ってください。本ポリシーの適用方法について通知または公開があった場合、「旅行」ページにアクセスし、影響を受けた予約をキャンセルすることで、本ポリシーに基づいたキャンセルを行うことができます。本ポリシーの適用資格がある予約にも関わらず、事象に関する通知や公開がない場合、予約をキャンセルするにはAirbnbまでお問い合わせください。いずれの場合も、事象によりご自身または予約がどのような影響を受けたかを示す証明書類をご用意ください。

      ご不明な点がある場合は、Airbnbまでお問い合わせください

      その他の留意事項

      本ポリシーは、チェックイン日が発効日以降の全予約に適用されます。本ポリシーはLuxeの予約には適用されません。こちらには別途Luxeゲスト返金ポリシーが適用されます。

      関連記事
      必要なサポートは受けられましたか?
      お探しの情報が見つかりませんか?
      ヘルプセンターのさまざまなセクションからカテゴリに絞ってコンテンツを見つけましょう。