コンテンツにスキップ
上下の矢印キーを使っておすすめをナビゲートしてください。
主なヘルプ記事にジャンプ

Airbnbに身分証を求められた場合どうなるの?

Airbnbでは、誰もが安全安心なコミュニティづくりのため常に全力で取り組んでいます。 そのため、お部屋や体験の予約・掲載にあたっては、事前に政府発行の身分証明書の提示をお願いすることがあります。

これはAirbnbの安全対策、詐欺予防などの目的のために行っているものであり、提示は1回で済みます。以下に詳しく見ていきましょう。

本人確認の流れ

身分証明証の提示を求められた際には、政府発行の身分証明書(運転免許証、パスポート、ビザなど)の写真を提出しなければなりません。 また、その場で自撮りすることを求められる場合もあります。 こちらは照合用ですので、プロフィール写真(別途求められる場合あり)として公開されるご心配はありません。

自撮り写真は身分証明書の顔写真と一致しなければならず、身分証明書は有効とみなされなければなりません。 顔写真が一致しない、年齢が18歳未満、身分証が有効ではない場合、身分証の提示が必須のリスティングを予約することはできません。 18歳未満の場合は、既存の予約もすべてキャンセルとなります。

身分証明書の写真の提示には、次の3つの方法があります。

  • 携帯電話のカメラで撮る
  • パソコンや携帯端末のウェブカメラで撮る
  • 既存の身分証明書の写真をアップロードする

なお、以上の手続き完了をもって、そのホストやゲストの推奨、身元保証、交流が安全であることの保証とみなすことはできません。 意志決定は常にご自身の最善の判断でおこない、ゲストホストの安全対策のヒントを守るように心がけましょう。

身分証明書を求められるのはこんなとき

身分証明書の提示を求められる状況には何通りかあり、 たとえば、ホストが宿泊施設や体験の予約の前提条件として、政府発行の身分証明書の登録を求めているのもそのひとつ。

さらに、Airbnbが本人確認のためお願いする場合もあります。

いずれの場合にしても、ホストやその他のAirbnbユーザーに身分証明書が共有されることは絶対にありません

提示(アップロード)のお手続きは途中で中断しても大丈夫です。 お時間ができたところで、Airbnb.jp/verifyにアクセスすれば、中断したところから再開できます。

身分証明書の種類

利用可能な身分証明書の種類(居住国と出身国に応じて異なります)には、次のようなものがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 国民IDカード

学校、図書館、ジムなどのIDカードではなく、政府発行の公式身分証明書でなければならず、顔写真が掲載されていることが条件となります。

運転免許証はオモテ面とウラ面の撮影が必要です。

パスポートは顔写真のページを開き、一番下に記載の番号までしっかりカメラに収めましょう。

シンガポール:どんな種別の身分証明書の写真をアップロードする際も、国民登録カード(NRIC)の番号が写真に写らないようご注意ください。 これから撮る方は、NRIC番号/その他の身分証明書番号だけ隠し、それ以外の記載事項はすべて撮るようにします。 すでに撮影済みの方は、まずNRIC番号/その他の身分証明書番号を塗り潰してからアップロードしてください。

どんな種別の身分証明書の写真をアップロードする際も、マイナンバー(個人番号)が写真に写らないようご注意ください。 これから撮る方は、マイナンバーだけ隠し、それ以外の記載事項はすべて写るようにします。 すでに撮影済みの方は、マイナンバーを塗り潰してからアップロードしてください。

ホストに開示される情報

政府発行の身分証明書を求められると、下記情報はホストに開示される場合があります

  • 身分証明書に記載のファーストネーム
  • 身分証明書のアップロードが完了したかどうか
  • プロフィールの写真と名前

下記の情報は、ホストやほかのAirbnbユーザーに開示されることは決してありません

  • 身分証明書の写真
  • 自撮り写真(求められた場合)

プライバシー

Airbnbではプライバシー保護の重要性を真摯に受け止めています。 政府発行の身分証明書の提示でお預かりする情報は、個人情報保護ポリシーに従い適切に取り扱い、当社や社外パートナーにお送りいただく際にもSSL(クレジットカード番号の送受信でサイトが使うセキュアな暗号化技術)で保護しています。 受信後は社外パートナーもAirbnbの個人情報保護ポリシーに基づきこれを厳格に取り扱っています。

シンガポール:プライバシー保護のため、国民登録カード(NRIC)の番号など国民識別番号が身分証明書の写真に写らないようご注意ください。 これから撮る方は、NRIC番号/その他の身分証明書番号だけ隠し、それ以外の記載事項はすべて撮るようにします。 すでに撮影済みの方は、NRIC番号/その他の身分証明書番号を塗り潰してからアップロードしてください。 Airbnbは2019年9月にNRIC番号/その他の身分証明書番号保護強化の仕様変更を行いました。 2019年9月1日より前にご登録いただいた場合、身分証明書番号/その他の身分証明書番号が身分証明書の写真に写り込んでいたかもしれませんが、ご安心ください。お預かりした身分証の写真はすでに完全削除または編集しましたので、特に必要なお手続きはありません。 2019年9月1日以降にご登録いただいた身分証明書については写真を保管していますが、保護のためNRIC番号/その他の身分証明書番号は削除済みです。

プライバシー保護のため、マイナンバー(個人番号)が身分証明書の写真に写らないようご注意ください。 これから撮る方は、マイナンバーだけ隠し、それ以外の記載事項はすべて写るようにします。 すでに撮影済みの方は、マイナンバーを塗り潰してからアップロードしてください。

Airbnbでは2019年9月にマイナンバー保護強化の仕様変更を行いました。 2019年10月1日より前にご登録いただいた場合、マイナンバーが身分証明書の写真に写り込んでいたかもしれませんが、ご安心ください。お預かりした身分証の写真はすでに完全削除または編集しましたので、特に必要なお手続きはありません。 2019年10月1日以降にご登録いただいた身分証明書については写真を保管していますが、プライバシー保護のためマイナンバーは削除済みです。

身分証明書写真の保管と削除

政府発行の身分証明書の写真の保管は、Airbnbの個人情報保護への取り組みを記載した個人情報保護ポリシーに準じています。

削除すると今後の予約がすべてキャンセルになってしまうため、身分証明書の写真の削除は控えましょう。

ただし、最終の予約の完了から90日が経過すると、削除することができます。

身分証明書の写真を削除する手順は次のとおりです。

「プロフィールを編集」にアクセスし、「身分証明書」の横にある 「X」をクリックします。

プロフィール写真も削除は可能ですが、自撮り写真(要求された場合)は削除できません。

身分証明書情報のその他の用途

Airbnbではゲスト、同行者、ホストのみなさまから政府発行身分証明書をご提示いただくことで、コミュニティ全体の信頼性を高めるとともに、 安全対策、不正予防などの徹底に努めています。 その目的のもと身分証明書の情報をいくつかの用途に活用しています。

第一の用途は、ゲストとホストのみなさまの安全対策です。 身分証明書があれば本人に間違いないことを確認できるため、なりすましの不正ログインの排除を徹底できます。 また、アカウント保護を向上し、Airbnb利用者全員が18歳以上であることをより適切に判断できます。

さらに、適用法で認められる範囲において、Airbnbは犯歴や性犯罪登録の公的記録との照合のため、身分証明書記載の情報(フルネーム、現住所、生年月日など)をサービス委託先に提供することもあります。 現在このような確認の対象は米国内ユーザーのみに限られています。 確認により不正やサービス悪用を防止する一定の効果は期待できますが、Airbnbを通した予約と交流が安全かつ無問題とAirbnbが保証するものではありません。 犯罪歴と性犯罪登録確認の限界に関する注意をよく読み、十分ご留意ください。

さらに、適用法で許可されている場合、Airbnbは身分証明書記載の特定の情報を銀行などの金融機関(税法、マネーロンダリング予防法、経済制裁法の取締りに利用)、警察などの法務執行機関(Airbnbの協力が必要な捜査に利用)に提供する場合もあります。

その目的は、関係諸機関と緊密に連携し法的責任を果たしながら、ご利用のみなさまの尊厳、プライバシー、安全の保護に努めることにあります。

写真照合の精度

Airbnbでは自分撮りを求められることもあります。その場合、Airbnbではこちらと政府発行の身分証明書の顔写真を照合し、 ご本人に間違いないことを確認しています。

顔写真の照合から有用な情報が得られることもありますが、そのプロセスは常時精度100%とは限りません。 確認担当者のスキルと判断力、写真の質と解像度、見た目の変化(加齢、体重増減、服装の変化など)によっても、顔写真照合の精度には大きな開きが出ます。

そのため別人が「同一人物」と判断されることもあれば、同一人物の顔が別人と判断されることもあります。 また、詐欺的ユーザーの中には最先端の厳格な写真照合技術さえもくぐり抜けるような人もいます。

写真照合の結果の正確性や有効性について、弊社はいかなる保証も表明もいたしません。 写真照合が完了していることをもって身元の保証、交流の安全性の保証とみなすことはできませんので、あらかじめご了承ください。