コンテンツにスキップ

自然豊かな山奥で、柿農家の冬場のお手伝い体験

ご予約前に、新型コロナウイルスに関連する現地の推奨事項または制限事項をご確認ください。

こちらの地域では直接対面型のAirbnb体験をご予約いただけます。新型コロナウイルスに関連する現地の推奨事項または制限事項を確認し、これに従ってください。

Zebaさんがホストする体験

3.5時間
食事、器具・設備を含む
最大6人
ガイド言語:英語、日本語

体験できること

自然豊かな山間の地域で、柿農家さんの冬場の作業のお手伝いを行います。冬場の作業は、柿の木の枝の剪定です。
山々に囲まれた気持ちの良い場所で、体を動かして作業する事で、心もリフレッシュできます。お手伝いが終わったあとは、田舎を感じられる美味しいご飯を食べて、農家さんと一緒に語り合いましょう。

この体験は大体11月~3月ごろに限ります。

流れとしては:
駅に着いたら、タクシーで柿畑に行きます。柿畑で自己紹介をして、靖さんが柿栽培、剪定について説明します。その次、2時間ぐらい柿の木の枝の剪定をします。終わったら、片づけて、あんぽ柿を食べてみます。あんぽ柿は丸森の名物です。普通の干し柿よりジューシーです。そのあと、近くの直売所やしまやにお昼を食べに行きます(体験料金に含まれています)。この店では素材の味を活かしたヘルシーで美味しいご飯は絶品です。ゆっきり喋りながら食べましょう。ランチ終わったら、タクシーで駅に戻ります。

料金に含まれるもの

  • 食べ物
    いなか道の駅 やしまやで予約
  • 用具
    手袋、道具
$49から
1人あたり
予約可能日はありません

ホストはZebaさん

2019年からAirbnbホスト
  • 本人確認済み
この経験は、友達の靖さんと一緒にやります!体験中に、私は彼のアシスタントと翻訳者になります。

初めて靖さんに出会ったのは、共通の友人が靖さんの家でのたこ焼きパーティーに誘ってくれた時です。靖さんは性格も声もやさしくて、歓迎されている雰囲気を作る人です。

彼の主な職業は蚕を育てることで、家族は祖父の世代からやっています。丸森で歴史的に大事だった養蚕はどんどんなくなってきているけど、受け継いだ技術と道具を使い、その伝統文化を続けたいという思いで働いています。 15年前、もう一つの丸森に特化した農業をやり始めました。それが丸森名物の「あんぽ柿」という干し柿を作ることでした。
お支払いを守るためにも、Airbnbのサイトやアプリ以外の場所では決して送金や連絡を行わないようご注意ください。 詳しく読む

実施場所

自然豊かな山間の地域で、柿農家さんの柿畑で柿の木の枝の剪定のお手伝いを行います。靖さんは5年間でこの畑で柿を栽培しています。

山の中にポツリとある、いなか道の駅 やしまやという直売所でもあるご飯屋さんでもあるお店でお手伝いした農家さんと一緒に美味しいご飯を食べます。素材の味を活かしたヘルシーで美味しいご飯は絶品です。

留意事項

キャンセルポリシー

お支払い後24時間以内、あるいは体験開始の7日前までは、どの体験もキャンセル可能な上に、全額返金されます。

ゲスト要件

10歳以上の方6名まで参加できます。

ほかのヒントも見る

食物アレルギーや制限がある場合はお知らせください。事前に手配準備をします。

必要な持ち物

汚れてもいい天候に適した衣装、寒い天気のための防備品

歩きやすい靴